スポンサーサイト

--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワセミス・有栖川有栖先生講演会

2011/11/06 Sun
2年以上このブログを放っておいたので、ちょっと近況。昨日はWMC(ワセダミステリクラブ)主催・有栖川有栖先生の講演会@和敬塾でした。中学生の頃から読んでたので、ご本人が数メートル先にいらっしゃるかと思うと、少なからず感動を覚えた(笑)興味深い話が聞けてよかったです。創作の種明かしまではしないとおっしゃってましたが、いくつもの着想がまとまって新シリーズに行き着くところの話なんかはそれに結構近いのではないでしょうか。メモも取ってきたのでここでちょっと公開。

・同志社ミスは京ミスより古い説。入学前からミス研に入ろうと思っていたが、どこでも勧誘活動をしてなくて、数週間後にトイレの壁に貼られたポスターでようやく存在を確認する。
・学生アリスのEMCにモデルはない、有栖川先生の理想。
・作家になりたいというのは「ある種おそろしい夢」。何歳になっても諦めなくていいが、諦めるきっかけもない。
・今の筆力があっても再デビューの自信はない。キャリアの中でいちばん良かったことは、作家としてデビューできたこと。
・本格ミステリ作家クラブの会長職はあいさつとアンソロ序文。
・クラブをどこかの方向に引っ張っていく考えはない。シンプルに続けていくことが必要。
・作風が変わった、重いことを書いているが何かあったのかと言われることはあるが、本人には特に曲がり角の自覚はない。
・新シリーズはタイトルがまず先にあった。7,8つの着想から。
・「探偵」というのは、姿や年齢、職業は違っても、結局やることは同じ。歴代の「探偵」たちがずらっと並んでると、わくわくするよりちょっと白ける。「仮装行列みたい」
・だから探偵=良くないこと、の社会を書いた。自分と同い年の探偵(江神、火村に続けば今度は初老の探偵)は当たり前すぎるので、自分とはうんと遠い10代の少女探偵。
・『八つ墓村』は江神でも火村でも書きたくて書けなかったから、新シリーズの3作目で。
・ブログやTwitterはやる予定なし。そもそも人付き合いが好きな方ではないし、でもやり始めたら面白いこと書こうとサービスしちゃう。その間に小説書く。本末転倒。
・作家アリスに完結編はない。……今のところ。
・ずっと34歳のままのファンタジー。責任もそこまで重くないしフットワークも軽いこの年令は扱いやすい。浅見も33。
・でもずっと同じ年だと、属する世代というものが存在しない。悲しいキャラクターではある。
・オール推理の短編で大学生火村を書いた(!)。でも書きにくい、何年のことだかわからないのでボカしてある。車は何にしたらいいのか?
・江神シリーズは終わる。ずっと終わらない学生時代なんて気持ち悪い。
・本格と非本格は江戸川乱歩の定義に準ずる。狭義から広義まであるが、謎が解けることの驚き、不思議を重視。
・非本格というのは、そこにこだわらないミステリ。謎を解かない代わりに秘密が暴かれる、これにロジックは不要。
・困るのは叙述ミステリ。謎がない、仕掛けで驚かせる。本格ミステリの中心ではないが一部ではある。
・謎について応えを知っている人は生きていないのが理想。誰か知ってるなら「聞けよ!」と思う。
・だから殺人事件が合っている。被害者は答えを知っていても喋れない。答えを喋れるのは「イタコか探偵だけ」。
・本当なら死んだ人の声を聞きたい、幽霊が出てきてほしい。本格ミステリは幽霊の存在を認めないけど、探偵は推理をしてくれる。
・江神シリーズは第一短篇集(来年の暑い時期)→長編→第二短篇集。長編のイメージはまだ固まっていないが、終わっちゃうと寂しい。
・メディアミックスについて。まんがやドラマCDはいろんな解釈で作られる。自分の作品とは離れたところで見ている、ちょっと人ごと。
・安楽椅子探偵はミステリとしては邪道。100万の人に出題してこんな少しの人しか分からないのはいい問題ではない。2~3割に分かったほうが問題としてはいい。むしろ本格ミステリのパロディ。
・キャメルがなくなってしまうと困るんです、とJTの人に聞いた。するとキャメルに似てる銘柄、味が似てる銘柄のご提案が(笑)「ちょっと違う」。
・キャメルは外国たばこなので、自販機で買えなくなっても専門店に行けば買える。火村が買いだめしているところは想像しない。
・最初吸わせるタバコを決めた時、途中でなくなったら困る、「キャメルなら不滅」と思ってこれにした。でもなくなった。愛車のベンツも同じように決めたのに、途中でメルセデスと合併するし、火村に使わせると危ない?
・小説は自分のものだと思っているが、完結するのは読者が読み終わった時点。小説を読んで面白いと思ったなら、それはその人が構築したもの。面白かったと思わなければ、それは「合わなかった」。
・どこまで読者に期待していいのか、届いているのかは分からないが、なにか伝わっていると思わなければ書けない。どこかで誰かに伝わっている可能性。
・ロジック重視のミステリ。基本は「常識」。作者の常識がずれていてはダメ、最大公約数であること。ミステリでも「命が大事」。
スポンサーサイト


タグ : ミステリ

Secret Codes And Battleships

2011/11/06 Sun
だいぶだいぶご無沙汰しましたが……他に感想を書く場所もないのでここで。ダレンの4年ぶりの新アルバムです。

ポップに戻る!という宣言のもとに出されたので、だいぶビクビクしてました……(だって、SGの再来!って何度も煽られたら、そりゃ怖くなりますよ……SGはダニエルもいてSGなんだからいくらダレンが一人で頑張ったところでSGになるはずはないし、だいいちSG時代からはもうだいぶ時間の経過が(笑)いまSGっぽい曲をやられても正直困る)。
今回もアルバム発売前にはたくさんダレンがteaserを出しててくれたんですが、それを聞いていた限りでは……残念ながらそこまで力強くはない。先行シングルではBlack out the sunが好みかなと思ったくらいで。

で、通販からCDが届いてからもちょっと寝かせてから聞いてみたんですが、確かに前評判通り、そつなくまとまった印象。前2作ほど暗くないし尖ってない。売れ線ポップっぽさがかなり強い部分もありますが、前作までのダレンソロらしさは所々で顔を出します。ダレンの声はいつもどおりにパーフェクト。
数回聴いてみてお気に入りになったのはBlack out the sunと、God walking into the room、Hurt、限定版ボーナストラックのExplodeかなー。Hurtは特に、ここ最近のダレン内省ソングの中では一番好き。ちゃんと自分で分かってんじゃん!と言いたくなりますが(笑)誰からも愛されないもん、と言っていじけるよりも、こうして自分のしたことを客観的に(多少自棄になった感はあるが)見てくれるほうがほっとします。
歌詞はNearly loveの"Now I love you only slightly less than I loved you", "My nearly love is not real enough to be the one"っていうのがいいなあ。こういう振り返り方ができるようになるのはいいですね、いや、具体的に何をとは言いませんが……。
Explodeは最初聴いてちょっとアレンジがなあ、曲はいいのに、と思ったんですが、海外のBBSでやたら評判が良かったのでちゃんと聴いてみたら、はまりました。このファルセットへの移り方がダレンらしい。

そして、こだわりのアートワーク。私は好きじゃない(笑)ごちゃごちゃしてるんだもの……。このコラージュ感が目的なんでしょうけど、いまいち合ってない。

期待するほど売れるアルバムではないだろうなあというのが率直な印象ですが、思ったよりかは良かったかな……。ちょっと今回はダレンが「チャートに返り咲く」的な熱の入れ方をしていたのが気にかかるところですが。ダレンのファンはすごーくダレンに忠実な人が多いので、本人に直接届く感想ってのはだいたい好意的なんですよね。でも実売数ってことになると難しい。ダレンがどうこれを受け止めるかなー……ま、ファンがそこまで心配する必要はないと思うことにします(笑)。

タグ : DarrenHayes 洋楽

学園祭

2009/09/20 Sun
今日は連れに誘われて都内のとある高校の学園祭に行ってまいりました。なんでも都内で一二を争う集客率の学園祭だそうで、最寄り駅からプラカードを持った実行委員が道案内をしてくれるという大仰さ。だって池袋駅にもポスターが貼ってあるんだもんなあ……あくまでその高校と保護者、OG・OBだけが盛り上がる我が母校の文化祭とは格が違うのです。
高校生と将来の受験生を連れた親御さんたちががわらわら群がっている門を入ると、すぐ前庭、すぐ校舎。確かに敷地は小さいしグラウンドなんてうちの高校の半分程度しかないんですが、校舎が8階建てとかね! 信じられないよ、教室まで着く前に息が上がるよ。最上階からは新宿駅前のビル群が見えて非常にいい眺めでした。こりゃ窓際の席は争奪戦だろうな。
連れの恩師にご挨拶したあと、上から下まで見て回ったんですが、出し物がどれもこれもレベル高いんですよねえ。戦闘機やガンダムのプラモデルが堂々と鎮座している模型部だとか、教室いっぱいに電車模型が走ってるテツオタのためのテツオタによる鉄道部(だったの?)だとか、やけに上手い吹奏楽部とか。男子校らしい趣味に走ったものであることは間違いないんだが、やけに神々しい(笑)。生物部なんてウーパールーパーとか、大きなカメとかいるの! クマムシを映した顕微鏡なんて、やけにいつもと見え方が違うな、なんだかぶれてるな、と思ったら光学顕微鏡だし。私光学顕微鏡なんて始めて覗いたわ……。さすがリッチな私立高校。後夜祭では華火(花火のことをこう呼ぶらしい。こじゃれている)まで上がるらしいんですが、これは見ずに退散させていただきました。
廊下では他校の女子高生と他校の男子校生が携帯片手にメルアドを交換。まるでナンパの聖地だよ……。女の子はみんな揃ってかわいいし! なぜ? この高校の生徒がナンパしているわけではないというところも不思議です。他校生に出会いの場所を提供してるだけなのか(笑)実際はみんなどの女の子もこの高校所属の将来有望な生徒を捕まえたくて来てるんだろうなと思うんですが、実際は声掛けてくるのは他校の男子ばっかりで、この高校の生徒はシャイすぎてナンパなんてとてもとても、ということらしい。かわいいな(笑)。

しかし思ったのが、連れの高校に対する思いと私の母校に持つ思いはまったくかけ離れてるなと。私は高校時代もそんなに担任の先生と仲がいいわけではなかったし、そもそも今になって会いたいと思うほどの感慨もないので、わざわざおしゃべりしに行こうとは思わない。実際一年くらい前に友人に連れられて高校を訪れましたが、先生たちは私の顔を覚えてるかすら危うそうだった(笑)。だからもちろん母校に対する愛校心なんていうものはほとんど持ってないんですよね。自分が卒業した後も文化祭に行こうなんて考えは及びもしない。確かに高校でできた友人とはまだ連絡を取り続けたいし、あの記念館で過ごした午後のことは忘れませんけど(笑)高校生活自体に対する思い入れってないんですよね。
今日聞いたのが、「自分は外部からこの高校自体に対して高い評価を与えるわけではないけど、自分がこの高校で過ごした日々には誇りがある」っていう趣旨の言葉で。もちろんこの高校は私から言えば外部的に見ても高い評価を与えられて然るべきだし、学校名だけで相手を黙らせることは可能だと思うんですけど、卒業生はそうは思ってない。むしろ学校名はどうあれ、この高校生活が自分に与えた影響の方に価値があるんだと言えるのはいいな、羨ましいなと思いました。校舎の中を案内しながら「あそこが一年のときの教室、ここは元はどういう教室だったけど今はこうなった、ここではこういう授業をした」って言えちゃうのが充実ぶりを物語ってますよね。私は今母校に行ったとしても、たぶん教室の半分も覚えてない。しかも私はまだ高校卒業から三年半しか経ってないのに!
「子どもができたらこの高校に入れたい」っていう言葉も衝撃だったなあ。私は今の大学に対してもそんなこと思わない(笑)自分がここで過ごした日々、ここで作った仲間や恩師が素晴らしかったからこそ言える言葉であって、学校名だけ、ただ友人の存在だけじゃこんなことは思えない。私は今の高校の友人とは、おそらく人生のうちのどこで会ったとしても変わらず友人になれたと思いますが、彼らにとっては「この高校での出会い」というのが一つのキーなのかもしれないなあ。

牛タン

2009/09/06 Sun
一ヶ月ブログを放っておいたら広告が出ちゃったので(こんなこと初めてだ……)何か書きます(笑)本当は他のブログの方も(私個人のものじゃありません、大学で当番制のやつ)書かなきゃいけないんですが、そっちは書くのにだいぶ疲れそうなので(笑)明日書いて日付操作でもしておこうかなと……ゴメンヨ。

で、今日は入試でした。ここに記念受験をしに来るのは4年ぶりだわ……。前は日吉のキャンパスだったんですけどね。今回は三田。
地下鉄三田駅に着いたところで目の前に大学正門前行きのバスが止まってたので、思わず乗り込んじゃったんですが(三分一区間・笑)帰りに教えられて見てみたら、東京タワーがすぐそこ。歩いて行ける距離に東京タワーがあるなんてすごいなあ。大学帰りにいつでも寄れるしな。
どうもこの大学に来ると自分のとこと比較をしてしまうのですが、やっぱり雰囲気が違うなあ。試験監督の雰囲気も違うし、キャンパスの雰囲気も違うし、大学周辺の雰囲気も全然違う。大学構内の建物から言えば、うちは古い建物は順当に汚くボロさが滲み出ているのに対し、こっちはたとえ年季が入ってようときれいに大事に使われてきているような印象があるんですよね(笑)ああ校風ってこういうことね。

試験が終わった後は待ち合わせをして池袋で牛タン食べてきました。宮城ふるさとプラザの一階。美味しかったよ。食べ応えのある牛タンもさることながら、付け合せのお漬物が良かった。味噌南蛮ってやつですね。
宮城ってどうもずんだもちとか、笹かまぼことか、真っ白く煮られてしまったいくらが入ってるお雑煮とかっていうイメージが強すぎるんだけど(笑)うちも親戚が仙台に住んでるんですが、ラスト十数年前に訪問したときにも牛タンを食べた記憶がまったくないんだよな……。今Wikipediaで見たら、「最大の転機は、1991年に始まった牛肉輸入自由化である。以前は老舗業者くらいしか無かったが、牛肉輸入自由化に伴い安価に材料が入手できるようになり、ここ10数年の間に新規参入した業者が増えた」とあるので、たぶんこれ以前の残念な時期に私の仙台体験は存在するんでしょう。ああ、でももう今さら仙台に行くアテはないだろうな……。時期を逸した!

とまれ、牛タンの後はサーティワンをはしご。それからドトール(笑)。
「いや、無理して食べてるわけじゃないんだよね」とさらっと言ったら、連れに「デブの言い訳にそんなことを言われたのは初めてだ」と大層受けられました。いやー、でもそうじゃない? これからどんどん寒くなるから、今のうちから蓄えはじめないとね。定食食べた後にアイスをダブルで注文してるような人間に何を言っても無駄だぜ。

The Half-Blood Prince

2009/08/05 Wed
サマソニに向けて髪の毛切ってきました。軽い! 涼しいです。
それからジーンズメイトで半ズボンを買いました……。すごいよ、2000円しなかったよ。最初はサマソニにはジーンズで行こうと思ってたんですが、暑いよ暑いよと脅されたので半ズボン。ちゃんとポケットも付いている。
しかし私が履くと非常に間抜けに見えます。むしろ痛々しい。結構な数を試着したんですけど、半ズボンに似合うも似合わないもないなあ……どれだけ控えめに言っても、奇妙。
それからLUSHに行って洗顔料を。今まで使ってたプロアクティブ、結構これが肌に合っていたらしくニキビはかなり改善されたのですが、最近あの凶悪なまでにスクラブが入った洗顔料を切らしたところまた肌質が乱れてきてですね……。やっぱりスクラブは偉大だわ、ということでLUSHに。最初はパワーマスクだけでいいかなと思っていたのですが、店員さんに両手を持っていかれてブラックダイヤを猛烈にプッシュされたら思わず「こっちも」と言ってしまいました。しかし、両方ともすごい匂いです。LUSHの前を通るといつもめまいを起こしそうなくらい甘い匂いがするので、全商品こんな感じの香料が入ってるんだと思ってたら、ひどいものもあるもんですね……! 今回買った両方ともミントが入ってるのですが、もうちょっとストレートでもいいんじゃないの、というくらいにいろいろ香りが混ざっていて、到底ただのミントとは言えない複雑さです。いや、ちゃんと個々の素材の香りは識別できるんだけど、全部一緒になるとこんな感じなのね、ってちょっと落ち込みたくなる感じ。

ついでにハリーポッターも見てきました。家から一歩踏み出したら、このときとばかりに全部一度で済まそうとするのはもう癖です。
確かにこれでドラコに萌えなくてどうする!と言いたくなるのも分かるわー。っていうか、いちいち校長の台詞の裏の意味が気になって仕方ない。いつも以上にセクシャルな会話が多かったように思います(笑)「どんな手段を使っても奴に取り入れ」って、世が世ならセクハラじゃないの!
しかしリドルが一応美少年としてパスできるくらいの顔になっていてホッとした。二巻目の映画でのリドルは何を間違ったのか分かりませんが、ただの老け顔だったからな……きっとリドルファンからの反発が強かったんだろう(笑)。もうちょっと奮発して正統派の美少年を連れてきても良かったんじゃないかなあとは思いますが、このちょっと顎周りが怪しいリドルも嫌いじゃないよ!


タグ : 洋画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。