FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワセミス・有栖川有栖先生講演会

2011/11/06 Sun
2年以上このブログを放っておいたので、ちょっと近況。昨日はWMC(ワセダミステリクラブ)主催・有栖川有栖先生の講演会@和敬塾でした。中学生の頃から読んでたので、ご本人が数メートル先にいらっしゃるかと思うと、少なからず感動を覚えた(笑)興味深い話が聞けてよかったです。創作の種明かしまではしないとおっしゃってましたが、いくつもの着想がまとまって新シリーズに行き着くところの話なんかはそれに結構近いのではないでしょうか。メモも取ってきたのでここでちょっと公開。

・同志社ミスは京ミスより古い説。入学前からミス研に入ろうと思っていたが、どこでも勧誘活動をしてなくて、数週間後にトイレの壁に貼られたポスターでようやく存在を確認する。
・学生アリスのEMCにモデルはない、有栖川先生の理想。
・作家になりたいというのは「ある種おそろしい夢」。何歳になっても諦めなくていいが、諦めるきっかけもない。
・今の筆力があっても再デビューの自信はない。キャリアの中でいちばん良かったことは、作家としてデビューできたこと。
・本格ミステリ作家クラブの会長職はあいさつとアンソロ序文。
・クラブをどこかの方向に引っ張っていく考えはない。シンプルに続けていくことが必要。
・作風が変わった、重いことを書いているが何かあったのかと言われることはあるが、本人には特に曲がり角の自覚はない。
・新シリーズはタイトルがまず先にあった。7,8つの着想から。
・「探偵」というのは、姿や年齢、職業は違っても、結局やることは同じ。歴代の「探偵」たちがずらっと並んでると、わくわくするよりちょっと白ける。「仮装行列みたい」
・だから探偵=良くないこと、の社会を書いた。自分と同い年の探偵(江神、火村に続けば今度は初老の探偵)は当たり前すぎるので、自分とはうんと遠い10代の少女探偵。
・『八つ墓村』は江神でも火村でも書きたくて書けなかったから、新シリーズの3作目で。
・ブログやTwitterはやる予定なし。そもそも人付き合いが好きな方ではないし、でもやり始めたら面白いこと書こうとサービスしちゃう。その間に小説書く。本末転倒。
・作家アリスに完結編はない。……今のところ。
・ずっと34歳のままのファンタジー。責任もそこまで重くないしフットワークも軽いこの年令は扱いやすい。浅見も33。
・でもずっと同じ年だと、属する世代というものが存在しない。悲しいキャラクターではある。
・オール推理の短編で大学生火村を書いた(!)。でも書きにくい、何年のことだかわからないのでボカしてある。車は何にしたらいいのか?
・江神シリーズは終わる。ずっと終わらない学生時代なんて気持ち悪い。
・本格と非本格は江戸川乱歩の定義に準ずる。狭義から広義まであるが、謎が解けることの驚き、不思議を重視。
・非本格というのは、そこにこだわらないミステリ。謎を解かない代わりに秘密が暴かれる、これにロジックは不要。
・困るのは叙述ミステリ。謎がない、仕掛けで驚かせる。本格ミステリの中心ではないが一部ではある。
・謎について応えを知っている人は生きていないのが理想。誰か知ってるなら「聞けよ!」と思う。
・だから殺人事件が合っている。被害者は答えを知っていても喋れない。答えを喋れるのは「イタコか探偵だけ」。
・本当なら死んだ人の声を聞きたい、幽霊が出てきてほしい。本格ミステリは幽霊の存在を認めないけど、探偵は推理をしてくれる。
・江神シリーズは第一短篇集(来年の暑い時期)→長編→第二短篇集。長編のイメージはまだ固まっていないが、終わっちゃうと寂しい。
・メディアミックスについて。まんがやドラマCDはいろんな解釈で作られる。自分の作品とは離れたところで見ている、ちょっと人ごと。
・安楽椅子探偵はミステリとしては邪道。100万の人に出題してこんな少しの人しか分からないのはいい問題ではない。2~3割に分かったほうが問題としてはいい。むしろ本格ミステリのパロディ。
・キャメルがなくなってしまうと困るんです、とJTの人に聞いた。するとキャメルに似てる銘柄、味が似てる銘柄のご提案が(笑)「ちょっと違う」。
・キャメルは外国たばこなので、自販機で買えなくなっても専門店に行けば買える。火村が買いだめしているところは想像しない。
・最初吸わせるタバコを決めた時、途中でなくなったら困る、「キャメルなら不滅」と思ってこれにした。でもなくなった。愛車のベンツも同じように決めたのに、途中でメルセデスと合併するし、火村に使わせると危ない?
・小説は自分のものだと思っているが、完結するのは読者が読み終わった時点。小説を読んで面白いと思ったなら、それはその人が構築したもの。面白かったと思わなければ、それは「合わなかった」。
・どこまで読者に期待していいのか、届いているのかは分からないが、なにか伝わっていると思わなければ書けない。どこかで誰かに伝わっている可能性。
・ロジック重視のミステリ。基本は「常識」。作者の常識がずれていてはダメ、最大公約数であること。ミステリでも「命が大事」。
スポンサーサイト


タグ : ミステリ

横浜・F1開幕戦

2009/03/29 Sun
TOEFLのために横浜まで行ってきました。東京に来てから一人で横浜まで遠出するの初めてなんですけど!
TOEFLはまあ、いまいち(笑)スコアが出てみないとスピーキング・ライティングは評価がどれくらい厳しいのか分からないけど、TOEICとは不釣合いな結果になるだろうな……。
4時間半もお昼食べずにぶっ続けでやってたので(お昼時をまたぐくせにご飯休憩がないんですよ! ううっ)、それからみなとみらい線で元町まで行ってご飯食べてきました。
元町をちょっと歩いてモトヤカフェを探そうと思ったんですけど、いつものことながら道に迷って早々に退散。はらドーナッツっていうドーナツ屋さんに行列ができてたので、私も知ったかぶりして並んできました。行列を見て物珍しそうに立ち止まる人たちに、いかにも「このお店を知らないの? 遅れてるわね!」というような顔をするのが好き。実はこっちも便乗して並んでみただけなんだぜ。
看板のはらドーナッツ・キウイ・シナモンをお買い上げ。キウイって珍しいなあ。今ちょっとネットで見てみたら、神戸に本店があるドーナツ屋さんなんですね。元町店はついこの間の3月20日オープンなので混んでたらしい。
そこからは循環バスに乗って馬車道まで行き、ポニーを探したりエアジンを探したり古いアパート五階の窓を見上げてみたり(お約束)いやー、何回横浜来てもやっちゃうよね……石岡君・御手洗さんの足跡を辿る馬車道・住吉町散策。今日もポニーは開いてませんでしたが。もう数回来てるけど、シャッター開いてるところを見たことがない(笑)いつもランチとディナーの間の時間帯に来ちゃうからなあ。東京にいる間に一回はここでエビフライ定食を食べておきたいものです。
どうせここまで来たんだから馬車道十番館でお茶しようと思ったんですが、かなり混んでたので断念。さすがに一人で待つのはね……。方向転換して途中で見た喫茶店に入りました。
レトロな感じのお店で、こっちも結構混んでたけどタイミングよく座れました。実はちょっとした有名店だったらしい。サモアールっていう紅茶専門店なんですけどね。お店の前で二人連れのお客さんが「オムライスが美味しいらしい」と言ってるのを聞いたので、オムライスとロイヤルミルクティーのセットにしました。
美味しいといえば美味しいけど、取り立てて言うほどではない(笑)オムライスって食べてる間に飽きちゃうんですよね……今日も多いなあと思いながらでしたが、その理由を考えてみると、実は家を出る前にちゃんと朝ごはんを食べたにもかかわらず、テストが始まるまでの空いた時間にファミレスでモーニングとか食べてたからでした(笑)そりゃ多いわ。


家に帰ってきて録りためておいたF1開幕戦の予選とレースを見る。

・ 「音速ディカプリオ」「F1ハリーポッター」? 迷走するキャッチ。そして気持ち悪い解説。
・ ああ、ネルシー! でもニコちゃんに当てなかっただけ良しとするか……。
・ べっつんとクビちゃん、ご苦労さま。ある意味奇跡の樹立に多大なる貢献をしてくれた。
・ バトンさんおめでとうー! ブラウンGPおめでとうー!
・ でもまたしてもレース後のペナルティとか……。このラッキー野郎め。

ほんとバトンさん嬉しいわー。あのレース後のチームラジオ!(笑)良かったねー!
こうなってみるとバリチェロが残留したのもいい選択だったんだろうなあと思う。セナ甥だったらどうだったかな?(でもけして今日のバリチェロは上手くはなかったが・笑) ブルーノ君がここでバリチェロと同じような結果を残せたとしても、第二のハミィ状態になる可能性が浮上するだけだし、やっぱルーキーは下位チームから頭角を徐々に現すってのが一番好ましいんじゃないかと……保守的な考えですけどね。

タグ : スイーツ ミステリ F1

ドアの釘

2009/02/02 Mon
有栖川の漫画がまた出たらしいという話を小耳に挟んだので、Amazonで検索してみました。(これ
一瞬目を疑いましたが、そういえばこれは学生アリスだから、さらにいろいろ遠ざかるんだよなと思って無理やり自分を納得させてみました。でも、これはなかなか受け入れるのが大変だわ……。
結構麻々原さんが描く作家アリスのほうは好きだったんですけどね。あっちも第一印象がどうだったのかはよく覚えてないけど、これよりかは抵抗が少なかっただろうなと思う……。何と言うか、この学生アリスは桜井京介の漫画版を見たときに匹敵する衝撃です。
この数年で森も有栖川も京極も篠田さんも綾辻さんも漫画化されてますが、お願いだから御手洗にだけは手を出さないでほしいと思うのが本音です。描き手を選べば結構上手く行きそうな気もしますが、あれだけは聖域にしといてもらいたいなあ(笑)固定したイメージを持ちたくないんですよね。映画版もしかり。
有栖川はこの漫画がきっかけなのか、新規のファンが増えてきてるという話も聞きましたが、御手洗はもうどうせ新たな萌えは見込めないシリーズですからねえ、今さらファンを増やしたってどうしようもないんですよ……。島荘がこれを機に一念発起して石岡君をストックホルムに飛ばせてやるっていうんなら話は別ですけど(笑)。

あっ、それでも見てみたいのは『暗黒館』の漫画版です(笑)どれだけBLらしくてもいいよ、だってあれBLだし。絶対あれは本の厚さのせいで読者を逃がしてると思うの! さらっと漫画にして意味深なシーンでも詰め込めば、今からでも一大ジャンルを築ける設定だと思うのですが(笑)。
あっ、でも今探してみたら、昔より暗黒館サイト増えてますね。やった!

タグ : ミステリ

approval

2008/10/05 Sun
今日はTOEICの試験だったんですけど(やっぱりリスニングが…泣)、その行き帰りで学園祭の立て看板に気付いた。今年はうちの大学のミス研、法月綸太郎さんを呼ぶらしいですよ。おおっ、これはちょっと興味がある。毎年講演会と題して国内のミステリ作家を誰かしら呼んでるんですけど、今まで在学中の二回のうち、両方とも読んだことのない作家さんが呼ばれてましてね……。もちろん名前も作品名も聞いたことあるし、今売れてる作家さんだったんですが、どうにも私の既読範囲が狭い上に古くて。ここ数年は読んでも翻訳物ばっかりだったので、最近の作家さんの本はほとんど読んでなかったのです。
でも法月さんなら知ってる!(笑) ちゃんと読んだこともある! いわゆる新本格派に一番馴染みがあるので、この選択は嬉しいなあ。暇だったら行ってみたい。

それからイベントごとですが、今年も日本GPには行けない代わりに、水曜に東京で行われるレッドブルのイベントに行くことになりました(笑)コメさんが「行くなら会社休む!」と意欲満々で電話してきたので……。私も午後一番の講義だけサボれば大丈夫そうなので、楽しんできます(笑)。
F1ドライバーと一般参加者がカートレースで競うっていうイベントなんですけど、来てくれるのは今ノリにノってるトロ・ロッソのベッテルくんとチームメイトのおしゃれメガネ・ブルデーくん、プラス今季で引退のDC先生。いいメンバーですよ~。ウェバーくんがいないのは残念だけど、たぶんギリギリまでオーストラリアで家族とゆっくり過ごすんでしょう(笑)。
DCが挑戦者に各ドライバーの攻略方法を指南してくれるらしいのですが、今から楽しみでたまりません。そらーもうDCはこの二人のことはすみずみまで熟知してるんでしょうね! 私も攻略したいよ。

それからこの記事……。ちょっと面白かったので残しておく(笑)ネルシー、危ないよ! 何とかして印象付けないと、将来設計に響くよ!

タグ : ミステリ F1

The real dish

2008/06/03 Tue
まだ生きてます。今週末に模試があって、それから7月の本試験まではなかなか……。相変わらずライアンには萌え萌えしているのですが。
たまにこのブログにも検索でいらっしゃる人がいるのですが、CSI関係でヒットするのはNYばかりのようで一抹の寂しさを感じています。確かにダニーはかわいいけど、マイアミにも負けず劣らずのかわい子ちゃんがいるのだよ……。ライアンにももうちょっと分かりやすい不幸フラグが出れば人気が出るかなあ。ファンの間では涙なしには語れない過去を持っている(ことになっている)ライアンですが、実際にドラマ本編でそんな話が出てきたことは一度もないのよね! 家族親戚にしたって、マイアミに住んでる何でも屋のUncle Ronと、誕生日にプレゼントを贈った姪しか出てきてないし。遺産は芝刈り機だしな……(03x05 - Legal)。こう考えてみるとfanon設定のクリエイティブさが際立つ(ということにしておく)。
なんだかもうNYは全員仲良しの友人兼同僚でいいんじゃないかなとあるまじきことを思ってもいます。だってマックとダニーとドンちゃんの三人を蹴り良く収めるのは難しすぎる……私的にはホークス先生が懲りずマックにアプローチを仕掛けて毎回玉砕するダニーのことを人一倍気に掛けてくれてるといいんじゃないかなと思います(笑)。

・化粧品を買ったらカウンターのお姉さんに「今まで使ってたブラシは洗ってくださいね」と言われました。恥ずかしながらチークブラシを洗うっていう発想が今までなかったのでぽかんとしましたが、ちゃんと洗い方を調べて一度石鹸つけてきれいにしてみたら、今までのは何だったんだと思うほどふわふわの毛に戻りました。ちょっと感動した……最初水に濡らすのに抵抗があったけど、こうまで甦るとは。
新しいチークは今までのマキアージュのやつの色違いです。チークだけならエスティローダーを今も使ってるんですが、シェーディングとハイライトとチークが一緒になったコンパクト(ものぐさ)はこれしかないと言われたので。この楽さは何物にも勝る。

・コメさんから電話が掛かってきて、例によってまた長々と話してたんですが、なぜかリンカーン・ライムシリーズ(ジェフリー・ディーヴァー)の話になり気になってざっと検索をかけてみました。「Lincoln Rhyme fanfic」で……最初はFF.netに行ってみたんだけど見当たらなかったので、仕方なくljseekに打ち込んで片っ端から(笑)。でも見当たらなかったなあ。あっても良さそうなのに!
私はトム中心のショートストーリーが読みたいです(笑)作者が書いてくれるのが一番だけど、というかいつか書いてくれると信じてますけど! トムが主人公ならラブストーリーでもいいよ、喜んで読むよ(笑)。

タグ : CSI:マイアミ CSI:NY ミステリ

フリーダム

2008/01/27 Sun
久しぶりにミステリに対して食指が動いた。『吹雪の山荘――赤い死の影の下に』
やっぱりこういう本格モノっていいよなあ! すごく自由な企画のようですが(笑)絶対に期待を裏切らない楽しさがありそうです。
最近ずっと縦書きの活字の本を読んでないので、一回ここらで読書にはまりなおしたい所存です。もうたまに縦書きの教科書とか読むと、全然内容が頭に入ってこない。単に私の頭が働いてないだけかもしれませんが、本当に読みづらい。ネット習慣の弊害だな……。
でも本がね、なかなか手に入らないのよね……。新刊のたびに買うほどじゃないし(そもそもこんなに狭い部屋に教科書以外のハードカバーを置きたくない)図書館は貸し出し予約でいっぱい、いつ読めるか分からないし。巣鴨のツタヤは驚くほどの在庫率なのに、図書館はなぜこんなにフル稼働なんだ? (ツタヤはたぶん地元のツタヤよりも楽に借りられます。CDもDVDも盤面ぴかぴかだし、半額レンタルの最終日に行っても棚がガラ空きなんてことないし・笑)

でも「ドアラ本」は本気で気になる。すごく読みたい。

タグ : ミステリ

比較研究

2007/12/14 Fri
CSIへのハマりっぷりが異常です。シーズン4も見始めたけど、いざ意識するとモエが倍増。うわあ、ライアン可愛いなぁ。あのきょろきょろ動く目が堪らない。でもデルコは髭が無いほうが個人的には好きです……(笑)。
日本語吹き替えも結構好きだったんですが、あれオリジナルの音声で見てる人には不評みたいですね。意訳が多すぎて特にホレイショの言葉遣いが過激になりすぎてるとかで。性格すら捻じ曲げるほどの意訳はさすがにどうなんだろう(笑)吹き替え版のあの強烈なキャラクタのおかげでファンになったとも言えるけど、やっぱり真のホレ様を探求すべき!と思って、一話目を英語で聞いてみました。ほとんど聞き取れなかったけど(笑)吹き替えと聞き比べて何とかところどころ……。
吹き替えで「チーフ」って言われてるところは"H"(ホレイショのニックネーム)なんですね。主任がそんなに親しげに呼ばれてるとは思わなかったからちょっと意外。それから吹き替えだとかなりホレイショの口調がきついけど(言葉遣い以上に発音がきつい)オリジナルはもっと穏やかです。それからカリーの声が可愛くてちょっと驚きました(笑)。

ちょっと前にJ・ディーヴァーの『魔術師』を再読したんですが、このライムシリーズも現場の科学捜査を題材にしたミステリなんですよね。CSIを見るよりもこっちの方を知るのが先だったから、現場鑑識とはかほどに綿密で自らの現場汚染は最小限に抑えるものだと思ってたんですが、CSI見てると鑑識方法がすごく大雑把で認識を覆されました。結構平気で現場にそのまま土足で入るし、自分の身体から塵が落ちることは微塵も考慮に入れてないですよね。調べる対象もライムは土とか繊維とか微細証拠物件が大好きだけど、CSIだと指紋とか明らかな痕跡を主に見てるし、現場と比較しての対照実験も多い(さすがにライムの自宅では対照実験なんて出来ないけど・笑)。
実際はこんなものなのか、それともライムシリーズが慎重すぎるだけなのか。扱う事件の難易度にも拠るのかなぁ。そもそもNY市警がCSIを使って解決できなかった事件がライムのところにやってくるわけだから、方法が違うのは当然とも……。
『魔術師』は面白かったです。何でもいいから面白い本が読みたいときは、絶対にハズレじゃないと分かってる既読本を読み返すことが多いんですが(記憶力が悪いからこその技)やっぱりトムはかっこいいし事件も読み応えがあるし。どんでん返しはもう十八番なので残りのページ数から考えて絶対にあるって分かるんですが、この手法もいわゆる一つの「誤導」だよなぁ(笑)。

タグ : CSI:マイアミ ミステリ

『聖女の塔』(篠田真由美)

2007/12/07 Fri
篠田さんの『聖女の塔』読了。前の話とつながりがあるはずなのに、覚えてない……もやっとしたまま読み終わってしまった。前提としてノベルス一冊と短編一本が必要です。
ミステリとしてどう、というよりも、桜井京介だなあ。名探偵としてシリーズ化されているからできる話。シリーズ最終巻も射程に入ってきた中、ラストがますます気になる展開です。しかし京介の美貌がいつのまにか周知のものとなってきているのは何故? パッと見冴えないGeekに見えるのではなかったか……ラストのJuneっぽさにもちょっと引いた。ギャップが……。

課題用の本を借りるために図書館に行ったのに、結局J・ディーヴァーとか借りてる。

タグ : ミステリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。