FC2ブログ

The Half-Blood Prince

2009/08/05 Wed
サマソニに向けて髪の毛切ってきました。軽い! 涼しいです。
それからジーンズメイトで半ズボンを買いました……。すごいよ、2000円しなかったよ。最初はサマソニにはジーンズで行こうと思ってたんですが、暑いよ暑いよと脅されたので半ズボン。ちゃんとポケットも付いている。
しかし私が履くと非常に間抜けに見えます。むしろ痛々しい。結構な数を試着したんですけど、半ズボンに似合うも似合わないもないなあ……どれだけ控えめに言っても、奇妙。
それからLUSHに行って洗顔料を。今まで使ってたプロアクティブ、結構これが肌に合っていたらしくニキビはかなり改善されたのですが、最近あの凶悪なまでにスクラブが入った洗顔料を切らしたところまた肌質が乱れてきてですね……。やっぱりスクラブは偉大だわ、ということでLUSHに。最初はパワーマスクだけでいいかなと思っていたのですが、店員さんに両手を持っていかれてブラックダイヤを猛烈にプッシュされたら思わず「こっちも」と言ってしまいました。しかし、両方ともすごい匂いです。LUSHの前を通るといつもめまいを起こしそうなくらい甘い匂いがするので、全商品こんな感じの香料が入ってるんだと思ってたら、ひどいものもあるもんですね……! 今回買った両方ともミントが入ってるのですが、もうちょっとストレートでもいいんじゃないの、というくらいにいろいろ香りが混ざっていて、到底ただのミントとは言えない複雑さです。いや、ちゃんと個々の素材の香りは識別できるんだけど、全部一緒になるとこんな感じなのね、ってちょっと落ち込みたくなる感じ。

ついでにハリーポッターも見てきました。家から一歩踏み出したら、このときとばかりに全部一度で済まそうとするのはもう癖です。
確かにこれでドラコに萌えなくてどうする!と言いたくなるのも分かるわー。っていうか、いちいち校長の台詞の裏の意味が気になって仕方ない。いつも以上にセクシャルな会話が多かったように思います(笑)「どんな手段を使っても奴に取り入れ」って、世が世ならセクハラじゃないの!
しかしリドルが一応美少年としてパスできるくらいの顔になっていてホッとした。二巻目の映画でのリドルは何を間違ったのか分かりませんが、ただの老け顔だったからな……きっとリドルファンからの反発が強かったんだろう(笑)。もうちょっと奮発して正統派の美少年を連れてきても良かったんじゃないかなあとは思いますが、このちょっと顎周りが怪しいリドルも嫌いじゃないよ!
スポンサーサイト





タグ : 洋画

Star Trek XI

2009/07/02 Thu
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

『天使と悪魔』

2009/05/24 Sun
昨日と今日、模試を連チャン。三分前になったら問題を解くのはやめて、無回答部分をさっさとマークし出すことだ。

今日は池袋だったので、帰りにぶらぶらしつつ一人で『天使と悪魔』を見てきました。どうしてもユアンの神父服が見たくって……! いや、でも楽しかったです。すごく萌えた。ニヤニヤするのを我慢しすぎて唇噛みっぱなしだったせいで、見終わった後下唇が腫れたよ。

・ トムの水着姿とか、なんだか見てはいけないものを見てしまったような気分。ちょっと罪悪感に駆られたけど、いいお尻でした(笑)。
・ 原作(上巻までしか読んでないけど……)はかなり端折ってある。もうちょっとヴィットリアの人物背景が欲しかった。まーね、ここを父娘の関係にしちゃうとパトリックと被っちゃうから。
・ 最初の殺人が起こるまでは超スピード展開。教授が何の躊躇いもなくあっさりと謎を解いていきます。いささか単純すぎる。
・ ユアン! この役にハマりすぎ。やっぱりいけないのはあの襟だよね、何と言っても……。襟を外すところから呻き声喘ぎ声床にゴロンまでの場面は、心の中の大切な場所にきちんと鍵をかけてしまっておきます。いやらしかった……! 肌蹴た胸元に究極のチラリズムを見た。
・ しかし見事に騙されました……ちょっとキレイすぎる終わり方だなあとは思ったけど、どんでん返しがこう来るとは思わなかった。でも「計画変更」って、バレなかったらどう処理するつもりだったの? 本当は「バレて良かった」んじゃないかと思います(笑)。
・ Chartrandくんがヘタレで可愛かった。最後にユアンを見つめるシーン、比較的脇キャラにもかかわらず彼を真っ先に駆け寄らせて画面中心に据えた監督の腹の内が透けて見えるようです。ああ、萌えたさ! 思うつぼ。


ダレンも同じようなこと言ってましたが(っていうか、ダレンがTwitterで「今から見に行くー」とか言ってたから私も便乗してみた感は大いにある)、確かに楽しいけど、とってもライトな娯楽映画。元々原作の設定に穴はあるそうですが(本来枢機卿じゃないとカメルレンゴにはなれないそうだ……)、見ていて違和感を感じるわけでもないので大して困りません。実際にバチカンでは映画の撮影を行ってないそうですが(締め出された?)、映像もキレイ。
ダ・ヴィンチ・コードは大コケしましたが、これは普通に見て良かったと言える。ユアン萌えできるなら見て間違いはないはずです(笑)。

タグ : 洋画

『パッセンジャーズ』『スルース』

2009/03/14 Sat
何日か前のとくダネで笠井さんが大絶賛していた『パッセンジャーズ』を見に行ってきました。笠井さん曰く「ラストが素晴らしい! 泣ける!」。対して小倉さんは「あるわけねぇだろ、馬鹿」と。もちろん笠井派の私は躊躇うことなくスルーさせていただいたのですが……。
でも正直、今度ばかりは小倉さんに味方したい(笑)笠井さんがあまりにもロマンチストだってことだけははっきりしました……。これで泣けるって、相当涙腺弱いですよ。
だいぶ前に大ヒットした映画の二番煎じ感が強く、プラスどうにも物語が破綻してる印象。映像化することでボロが出てくる映画よりも、濁したいところは気取らせず触れないでおくことができる小説向きの話じゃないかなあ。アン・ハサウェイがすごーく可愛いのだけが救いです。


この前に『チェンジリング』も見に行ってるのですが、こっちはなかなか。実話だそうですが、元の事件を私は全然知りませんでした。

それからWOWOWで『フィクサー』『スルース』も二本続けて。

『フィクサー』は香港旅行からの帰りの飛行機の中で半分見てから投げ出していたのですが、ジョージ・クルーニー主演のリーガル・サスペンスでこれも地味だけどなかなか面白かった。裏切り、友人の死、仕返し、っていう萌えの三段重ねです。ありがちーな筋ではあるけど、自分が間接的にでも関わって結果を生んだ友人や同胞の死に直面したときの、任務中の人間の行動の取り方ってものすごく燃えるものがある。悼んでいる暇はない、というやつですけど、これは本当、いろんな映画やドラマで繰り返しアレンジされるたびに痺れる。

でも最近見た中で一番好きだったのは『スルース』だな……。私の好みがねじ曲がってるんだと思いますが。マイケル・ケインとジュード・ロウの二人芝居。妻に浮気された男性と、その妻と浮気している若い男の話です。何かで予告編を見たときからすごーく気になってたのですが、ずっと忘れてた。見れて良かった! ジュード・ロウは後退し続ける生え際をものともしない妖しさ、色っぽさだし、マイケル・ケインはこの好色そうな表情がもうもうもう、たまりません(笑)二人の距離がね、近いのよ! May/Decemberの粘着質な駆け引きをこれでもかと匂わせてくる。いくら妄想してもし足りないって感じですよ。どこまで本気でどこから嘘なのか、深読みしたい!裏をかきたい!っていう登場人物の思惑と映画を見る側の妄想力が交錯(笑)。
あんまり言っちゃうとつまんないのですが、こういう前衛的でいかにも知的ぶってる外見のくせに、中身は下品で俗っぽくてどうしようもないな!っていう映画が私はすごく好き(笑)『ドッグヴィル』とかね。このジュード版は72年に作られた『探偵スルース』のリメイクだそうですが、72年版ではこっちで中年の作家役を演じたマイケル・ケインがリメイク版のジュードの役をやってます。オリジナルとリメイクではラストがちょっと違っているようですが、私はおそらくリメイク版のほうが好きだろうなと思う(笑)結局より下世話な方が好きなんです……。

タグ : 洋画

一週間

2009/02/21 Sat
16日。バレンタインデーの反省会を開く。
毒にも薬にもならない私の話とは違い、相手は不服そうながらも私からしてみれば相当エキサイティングな体験をしているようでした。いいね、みんな……。

18日。帰省。

20日。母と『ベンジャミン・バトン』を見に行く。
良かったといえば良かったですが、そこまでのめりこめる話ではないですね(笑)正直ケイト・ブランシェットもブラピもそう好きじゃないんだよなあ……。
小さな老人の姿で生まれて、青年期ピチピチのブラピの姿になり、最終的に幼児になって背が縮んでっちゃうっていうのが一番気になりました。そういうものか! 卵になっちゃわなかっただけまし?


今日。民放でやってたSWのエピソード3を見ました。
やけに話を覚えてるなあと思ったら、そういえば私はこれ映画館で見る以外にDVDレンタルして複数回余分に見てるんだわ……。
新三部の中ではこれが一番いいですよねえ。いつ見ても泣ける、アナ&オビの関係が切なすぎて(……)。オビがアナキンについて「弟だと思ってた!」ってしつこく繰り返すのは何かのマントラかと思えて仕方ありません。そうよねそうよね、そう言ってれば傷は浅いわよね。

タグ : 洋画

S.O.S. ロマンティック

2009/02/14 Sat
ふっふ、バレンタインデーはちゃんとデートして過ごしましたよ! 二年連続です。これ大学生時代の思い出として一生言い続けるから(笑)誰が何と言おうとデート。逆チョコも貰っちゃったけどデート(笑)。
マンマ・ミーアを見に行ったんですが、なかなか良かったですよー。安心して見られる(笑)主役の女の子がかわいかった。私はABBA世代じゃありませんが、これを見ると俄然聴きたくなりますね。ミュージカル映画に付きものの中毒症状にかかりそうです。

しかし今日一番のニュースはCASCADE再結成、これに尽きます(笑)わーい! 青春! 私たちの青春!
再結成の理由についてはもう問いません。考えると悲しくなるから(笑)。
あああ、懐かしいなあ、あの頃が思い出されるなあ。SHAZNAからV系バンドの道に足を踏み入れ、CASCADE、ラルク(こっちは今でも現役)、ROUAGE、MASCHERA、その他。CASCADEはこの中でもラルクと張るくらいには私とコメさんの中で重要な位置を占めてました。ROUAGEやLUNA SEAなんかはむしろ一時の波が自分の中で去ったあとに徐々に盛り返してきたというか(笑)CASCADEにハマったのは初期の初期でしたからねえ。今聴いたらきっと無言になる部分もありましょうが(笑)それでもいいんだ! 先端恐怖症とか魚社会とかホモソーセージとか、あの頃の興奮をもう一度。うわあ、楽しみだ……。マッコウがいないのは心底残念ですが、三人でもやってくれるって信じてる! マッコウはオーディエンスとして見てればいいよ、もう(笑)こまつさんが泣くかな(笑)。
もう一回良明さんがプロデューサーやってくれるかなあ。CASCADEも解散最後までずっと聴き続けていたわけではなく、大体Dance Capriccioのあたりから心が離れ始めたんですけども。ちょっと歌詞についていけなくなったんだろうな、あの頃から(笑)しっかりタイアップも付きだして、いまいちのめりこめなくなったというか。シングルであの曲を出すっていうのがちょっと分からなかった。Forward to the Pastのころが一番好きでした。
再結成するからには、ちょっと大人な曲も聴きたいですねえ(笑)昔でもときどきCASCADEってどきっとするくらい大人な曲を書きましたけど。この妙なアンバランスさが良かったんだろうなあ。大人と子どものハイブリッドっていう立ち位置は当時の私にとってかなり魅力的だった。

再結成初ライブのチケットは抽選らしいので、とりあえずコメさんと私とで二枚ずつ申し込みました。当たれ!
ハマった当時は小学生(……そうだよなあ、うわあ……)だったので、この頃にハマってたV系バンドのライブって一度も行かないままにみんな解散しちゃったんですよね。CASCADEをV系の枠に入れるかは別として、今実現しそうとなると、武者震いを禁じえません(笑)。

タグ : 洋画 V系

Deeper

2009/02/12 Thu
ご友人から間違い電話が掛かってきて、三時間ぐらい長話してました。間違い電話だったのに……(笑)。
Kenちゃんのライブにも誘ってもらえたので、一緒にチケットを申し込んでおいてくれるそうです。ありがとうございますv Deeper(最新シングル)も聴いてみましたが、確かに最近のラルクソロの中では一番いいかもしれないですねえ。こういう大人なのを待ってたのよ!(Hさんに対する嫌味)

しかし、去年一年間ライブに行ってないので、もういろいろ忘れちゃったね……。だって最後に行ったライブが2007年8月のまたハー火@富士急ハイランドですよ。もうあれからこんなに経つんだなあ。
2008年、行きたいライブは結構あったんですが(ColdplayとかThe WhoとかRadioheadとか)どれもこれも予習が必要な上、チケット発売に気付くのも遅く、結局行けなかったのです。
来日してくれたら何が何でも行きたい!っていうアーティストは今そんなにいないんだよなあ。PlaceboとGood Charlotte、The White Stripesくらい。ダレンは来てくれるならもちろん全日参加しますけど(笑)来日の可能性は低い。数日前のMySpaceの日記で来年はもっとたくさんの国でコンサートできたらいいなって言ってますけど、日本って大手レーベルに無所属のアーティストがライブやるにはちょっと敷居高そうなんですよね。今そんなに多くの現役ファンが存在するわけでもないし。本当ならこっちから出向くのが筋なんですが、ロンドンは遠い……いつかは行きたいと思ってるよ、いつかは(笑)。

電話の途中、バレンタインのチョコレートをまだ発送してないことに今頃気付きました。明日頼んで届くかしら……。

タグ : ラルク 洋画

007

2009/02/04 Wed
ゼミ合宿の打ち合わせの帰りに友人とノリで映画を見てきました。007です。
オープニングの主題歌(これ)担当してるのって、White Stripesのジャック・ホワイトなんですよね。Alicia Keysとのデュエットですが。いいなと思って聴いてたらオープニングクレジットに名前が出てきてようやく思い出しました。かっこよかったですが、私はやっぱりメグのドラムが好きです(笑)。

一緒に行った子からMに似ていると言われましたが(顔がじゃないですよ、性格が……たぶん)これは褒め言葉なんだなと思って受け取っておく! いやあ、かっこいいじゃないですか、M(笑)よっぽどボンドよりもかっこいい。仕事のできる女性っていいわあ。
今回の話は前作とちょっと繋がってるので、前のを覚えてないとボンドがなぜこんなに自暴自棄になってるのか分かんないんですが、残念なことに前の話をさっぱり忘れてました。でも非常にありがちな理由で人に八つ当たりしてるだけなので、実際は覚えてなくてもそう困りません(笑)プロのくせにな……。
しかし、映画の最中ずっと敵側がゲイっぽくて気になってたんですが、見終わった後に意見を求めてみたら簡単に同意してくれて助かりました。やっぱりそう思うわよね、っていうかむしろ裏設定でいいんじゃないか(笑)。
映画を見に行ったの自体すごく久しぶりだったので、久々に派手なアクションを見てすかっとしました。ダニエル・クレイグのお尻もちゃんと拝めたし。今日はいい夢が見られそうです。


上映前の映画予告編でジェンセン(・アクレス)がいきなり出てきたので仰け反って驚いてしまったんですが、こりゃまた何と言うか、またC級っぽい映画に出るんですね……。出る映画は選んでほしいのが本音ですが(そうでないと早々にどこかのSPFのようになってしまうよ)ジェンセンの怖がる表情や驚く表情を見たいという制作側の気持ちはよく分かる。むしろ普通のラブロマンスなんかに出させたら、釣り合うヒロインを選ぶのに苦労しそうなんですよね(笑)。

タグ : 洋画

ダークナイト

2008/08/17 Sun
数年ぶりにコメさんと一緒にカラオケに行きました。スカひらとか歌ったよ!

それから東京で探しまくって見つけられなかったSPIN(ダレンのソロ1st)ですが、地元のブクオフには三枚も売ってました……。SGもたくさん……。嬉しがっていいのか悲しむべきか。
Break me Shake meのシングルとか買いましたけど、mp3で持ってると思ってたTo the moon and backのアコースティックバージョンを実は一度も聴いたことがなかったことに気付きました。最近imeemやMySpace、RadioBlogClubから簡単に多くの曲が聴けますけど、SGはリミックスやバージョン違いがやたら多いので、その全部がアップロードされてるわけではないんですよね。今まで散々ネットにお世話になってきたお礼に、こっちからもアップすべきかなとか思いましたけど(笑)法に抵触しますからね! Last.fmを覗いてみてもリスナー数が少ないようなので、勿体ないなとは思いますけど。

ダークナイトも見に行きました。バットマンは先日深夜に民放でやってた一作目(たぶん……何作もありすぎてよく分からない)しかまともに見てないのですが、繋がりがあるようなないような。コミックスと映画と、媒体が複数あるので設定を統一してないのかな。
今回ヒース・レジャーの遺作と言われてるので特に見に行ったっていう気持ちがありましたけど、今まではヒースが出た映画だからといって毎回映画館まで足を運ぼうというまでのファンではなかったことを考えると、なんだかこの自分の態度の変わりようが薄っぺらく思える。世間全体にそんな風潮は漂ってますけどね。
映画はバットマンが検事大好きでびっくりしました。二人とも自分にとっては大事な人だったっていうのは分かるけど、愛する女性よりも世間のために必要な新しい英雄を助けることを選んだって辺り、どこまでも無私の人ですね! いや、単にバットマンは検事のほうが好みだったっていうんでも構いませんが。
結局ヒロインは二人に裏切られてるとか自分の意思を誤解されたままだとか、考えてみれば結構かわいそうなことになってます。女性は出てくるものの、見事にロマンスの少ない映画。出てくるはずのロマンス要素をことごとく没却している


タグ : 洋画 SavageGarden DarrenHayes

『ゴシップ』

2008/07/13 Sun
いつの間にかDVDが出てたトーチウッド。見たいなあ。ドクター・フーは全く見る気が起きないのですが、スピンオフだけ見ても分かるものかしら……っていうか話の筋が気になるって言うより、JackとIantoさえ見られればいいんですが……(正直)だってさ、毎回どこかの海外ドラマfandomを覗くたびに彼らのキスシーン画像を使ったアイコン見せられてたら、食いつかない方がおかしいよ(canonで二人はゲイ/バイ設定)最初合成かと思ったもんね! 大人向けシリーズとは言いつつ、全年齢向け番組のスピンオフでここまでやってくれるのはなかなか爽快です。ドクター・フーはN○Kで放送してたけど、トーチウッドもN○Kでやってくれないかな?(笑)
溜まりに溜まってた録画海外ドラマもようやく見始めました。CSI:NY2が少しと、Re:Genesis2が全部(……)とHEROESと。これとCSI:マイアミ4(ほぼ完全版)が全部PCの中に入ってるって、ちょっと常軌を逸してますよね! DVDに落とせばいいんですが、時間が掛かるのでめんどくさくて……。

今日はこの前録画しておいた「ゴシップ」を見ました。うーん、やっぱり好きだトラヴィス。いろんなところがカットされててトラのシーンも例外ではなかったんですが、そして原作以上に前半はトラが空気だったんですが……。ラストのどんでん返しとsmartassな受け答えで全部持っていきます。ノーマンが声を荒げたときのあの声のひっくり返り方が好きだわ。バロウズや処刑人のときとは全然違うノーマンが見れます。
主役の女の子も可愛くて好きなんですが、ブラザーズ・グリムには出てたよなあ、他には?と思って調べてみたら300に出てたんですね……気付かなかった。今年にはターミネーターのTVシリーズスピンオフで主役を張っていたらしい。なんか……みんな順調に出世してんのね……。

タグ : 洋画

salvage

2008/06/28 Sat
Re:Genesisはスラッシュも少ないんじゃないかなあ……。ちょっと探してみたこともあるけど、LJでは見たことない。もともとカナダのドラマなので認知度が低いんじゃないかと。FF.netにもカテゴリが作られてないし。
最近は多くのfandomの活動拠点がLiveJournalなので、私は何かにはまったときにはとりあえずljseek.comで探してみることにしています。SGは流行ったのが時期的にちょっと(いや、だいぶ……)前になるので個人サイトも残ってますが、最近のfandomはほとんどLJ拠点ですねえ。FF.netもだいぶ前になりますが、内容の濃いもの(笑)やRPSは一斉駆逐にあってしまってるので、逃げてきた人がほとんど。少し前までLJも内容規制であれこれやってましたけど、Advisory Board Electionでfanfic擁護派の方が当選したのも記憶に新しく、とりあえず今のところは大丈夫らしい。

アクセス解析を見てて気になったので(笑)。でもRe:~でスラッシュって、……やっぱりボブ萌えなのかしら……。
一度も録画した分を見ないまま民放でのS2も終わっちゃったし、私もさっさと見なければ。(後番組は韓国ドラマでした……マイアミ3、4、NY2、Re:と続いたテレ東お昼の海外ドラマ枠も、時代の要請には逆らえず)

それはそうと、7/4(金)の深夜03:15からテレ朝でシネマエクスプレス「ゴシップ」がやるそうです。ノーマン・リーダスとジェームズ・マースデンが出るやつですね! ノマ好きには有名です。何回かyoutubeでは見たけど、日本語で見るのは初めてだ……。話の筋は間違えようがないとしても、細部が分かるのは嬉しい。
しかしマースデンは地味に輝かしいキャリアを重ねてってるのに比べて(こういう言い方が可能なら・笑)、ノーマンはなかなか派手には出てきませんなあ……。ちゃんと映画には出てるし、出てる作品的にはSPFの数十倍マシなんですが、もう少し光が当たってもいいはず……はっ、もしかしてここでSPFを引き合いに出すのが間違ってる?

いっそのこと「ガールズ・ガールズ」(SPF出演…主演?)もテレビでやらないかなあ……。これもレンタルショップにはなかなか置いてないので、まだ一度も見たことがない……。

タグ : SPF Re:Genesis 洋画

Boondock 2

2008/03/18 Tue
処刑人2がついにこの夏撮影開始だそうですねー! ヒャッホイ! 昨日の聖パトリック・デイにトロイからメッセージが届きました。この間ブログで言ってた「超いいこと」ってこれだったのね。本当だ、トロイ、これは超素晴らしい!
もう公開から9年近く経ってるし、完成するのは10年後になるのかなぁ。ずっと待ち続けてきた人はもう今さらなかなか素直に信じられなくて半信半疑みたいですが(笑)私は普通に驚いたし嬉しいです。ソニーと契約もしたって言ってるし、これは本気ですよ。ついに続編が見られるんだよー!
(といいつつこの動画をもう一度探したら、ユーザーによって削除されてますね……ひぃぃぃ、怖い。何があったのだ。とりあえず他の方が保存したやつが残ってるので
ttp://www.youtube.com/watch?v=JUigU9EPF5s)

脚本では前作から1・2年後とかいう話だったと思いますが、ここは変えずに行くのだろうか……もうションパもノマも結構な変わりようですが(笑)でも出るのは絶対だからな。ああー、楽しみな反面ちょっとスリリングだ……。トロイもこの間ずっと監督業をしてたわけではないだろうし、処刑人もデビュー作だったわけだし、二度目を作って本当に前作同様上手くいくかっていうのは分からないんですよね。偶然の傑作だったっていうこともあるし、そもそも処刑人は一概に何が良かったからヒットしたってものでもないし。乙一のデビュー作と同じで、期待が大きい分だけ怖いなぁ……。でもでも信じてるから! 第二の波が作られることを祈ってる!

タグ : SPF 洋画

香港旅行

2008/03/04 Tue




2月27日から3月1日まで、香港に行ってきました。

( Read more )

タグ : 旅行 CSI 洋画 スイーツ

信義則違反

2008/02/21 Thu
ダフィーたんがまた気になることを仰ってますが(BDS続編All Saints Dayについて"have some VERY GOOD FxxKING NEWS in a few short weeks")本当かなぁ……散々やきもきさせられただけに疑心暗鬼にもなるってもんよ。本当に早く撮らなきゃ数年後の話では済まなくなってしまうよ。ショーンもノーマンもまだ若々しいとは言え、だいぶ落ち着いてきちゃったしね。ここで全然違うキャストでやるなんて言ったらどうなるか分かってるだろうなトロイ……。今度は権利関係の訴訟なんかじゃ済みませんよ。慰謝料沙汰ですよ。

昨日は高校の友人と一緒にデートしてきました。ほとんどいつもと同じコースなんですが、今回はどっちも待ち合わせに遅れなかったのでとてもスムーズでした(笑)。キルフェボンでは毎月20日限定でキャンドルナイトケーキっていうのをやってるんですが(こういうコンセプトだったのね…)なかなか美味しかったです。ちょっとイチゴが小さめだったけど。
本当キルフェボンは見た目が美しくて癒される……。デコラティブにクリームで飾ったケーキもいいけど、フルーツいっぱいの宝石みたいな鮮やかさはやっぱりタルトならではです。

タグ : 洋画 SPF スイーツ

バレンタイン

2008/02/14 Thu
今日はデートだったんですが(相手がそう思っていなくても私はこう呼ぶことに決めた)思いがけず向こうからもチョコレートを貰ってしまって非常に困惑しています。ホワイトデーってこの場合どうすれば……。
しかし昨日急に決まったことなので、今日待ち合わせの時間の30分前にデパートに駆け込んでチョコレートを買ってきたんですが、さすが上野の松坂屋というか、ホントに大したものは置いてないのね……一年に一度なんだから私だってピエール・マルコリーニかジャン・ポール・エヴァンくらい食べたかった!(買う分じゃなくて?) でもやたらマイナーなショコラティエか有名すぎるどころ(モロゾフとかメリーとか)しか置いてなくて、仕方なくゴディバです。つまらん……。
昨日母に電話したとき、「最近の名古屋嬢はバレンタインに2万円使ってホワイトデーに8万円回収するらしい」という真偽の怪しい情報を貰い(でも彼女曰くわざわざネットで調べてくれたらしい……)「最低でも3千円」と主張されたのでまあそんな感じのを……。そして自分用には4個入りのトリュフを(笑)一箱だけ買うのが恥ずかしかったんだもん!

で、東京都美術館でやってるルーブル美術館展に行ってきました。私はいつも母と行くか、東京にいるときは大抵一人で見て回るので、音声ガイドも借りてところどころで休みながらっていう自分なりのゆっくりペースが身に付いてるんですが、人と一緒に行くとある程度歩調を合わせなきゃいけないからちょっと大変ですよね……。今回は絵じゃなくて工芸品メインだったからさらりと見てきてしまったけど、たぶん絵だったらこうは行かなかったと思う……。
でもきらびやかで豪華な展覧会でした。華やかな気分になれます。ちょっと前に映画で『マリー・アントワネット』も見てるので、そのときのことを思い出しながら……。調度品も絵画も綺麗というより可愛い感じです。こんなものに囲まれて暮らしたらさぞかし楽しいだろうに(笑)実際それだけではなかったんでしょうけど……。
しかしあの映画のキルスティン・ダンストはいつもの数倍可愛く見えた。

タグ : 美術館 スイーツ 洋画

ダブルスタンダード

2008/02/09 Sat
今日になってようやくまだ電車運賃の学割証を取っていないことに気づいて、いそいで取ってきました。入試で大学が入構禁止になってたからうろたえたよ……。もうそんな時期か。
ついでに図書館に行って『ドニー・ダーコ』を見てきた。あのウサギ、強烈なインパクトがあります。ストーリーが複雑でちょっと謎が残る映画。ジェイクが若いなと思ったけど、結局ジョナサン・トーゴのほうがよりイケメンであると結論付けた自分にちょっと物悲しさを感じた。
(でも本当にかっこいいと思うんだけど……明らかに一番最初にマイアミシーズン3を見たときよりもかっこいいと思うようになってきている。これって慣れただけ? いやいやいや。この可愛さ他のCSIキャラなんか目じゃないですよ! ←しかし本気でこのThree CSI Hottiesの選択基準はどうなのかと小一時間問い詰めたい)

それから今月のミステリ・マガジンが海外ミステリドラマ特集だったので手に取ってみたら、ほとんど特集内容がマイアミ中心のCSIオンリー。CSIをミステリに分類することができるとは知らなかった。現代のフーダニットとか言われてたけど、首を傾げるね。それならまだお昼にやってる再放送二時間ドラマのほうがフーダニットらしいのでは。毎回抜け穴だらけの捜査で自白を引き出してるというのに(しかもあっさり)それって偏にホレさまの凄みが事件解決のすべてなんじゃ……。
そういう点でマイアミが「すべてホレイショをかっこよく見せるため」のドラマであるという弁には非常に得心がいった。やっぱりそういう話だよね! ミステリなんてどうでもいいんです、ホレさまがかっこよければ。ストーリーからどれだけ浮いててもいいんです、ホレさまが目立ってれば。
この前の来日時のカルーソ氏のインタビューも載ってましたが、どこかで読んだような内容でした。隠し子の話ってもう本国でも放送されてるの? それにしてはまだ話題が少ないような……。fandomではライアンがホレさまの息子っていう設定も一つのスタンダードになってると思ってるけど(笑)。

タグ : CSI:マイアミ 洋画

『American Gangster』

2008/02/01 Fri
American Gangster見に行ってきました。ノーマン抜きにしても見に行って良かった……ラッセル・クロウがいい役。白黒はっきりする映画ではありませんが、ラストなんかは娯楽的にも面白いです。
ノーマンは映画中でちゃんと自己紹介したにもかかわらず(ちゃんとノーマン・ライリーっていう名前があるんです!)エンドクレジットでは"Detective in morgue"という「刑事その一」扱い……。寂しいよう。40秒だと聞いていたものの、体感秒数としては20秒あるかないかって感じ(笑)。でも髪の毛長め、ホルスターがいかにも刑事!でやっぱり可愛かった。キャプが出回ってたのでこっそりメモしておく……。Thanks!
ttp://community.livejournal.com/norman_daily/442406.html#cutid

それから今日は「スイーツ(笑)」な気分だったので、朝から晩までずっと甘いものしか食べてない(←そういう問題ではない)。朝は池袋タカセのファンタジー、お昼はルミネエストのPANCAKE CAFE PoPo COLORでお豆腐と塩キャラメルのミルフィーユパンケーキ、夜はKrispyKremeでした。でもお昼(正確には三時のおやつ)のパンケーキは正直残念。ついさっきまで冷蔵庫に入ってたよね、っていう味でした(笑)普通のパンケーキを頼めばもうちょっと美味しかったのかな……。
KrispyKremeは二度目。つい昨日ficでグレッグが話題に出してたのを読んで、つられました……。新宿の方に行ったんですが、夜6時くらいに行って50分待ちの掲示。一応お店の前に並ぶ範囲で済んだのでトライしてみたんですが(この前行ったときは数十メートルの列が店の周りを囲んでいた…)最近はダズンで買う人は別の列に並ばせてくれるんですね。めんどくさかったので一気にオリジナルグレーズドを12個買ってきました。結局所要時間10分。
ただ、一人暮らしで12個ノルマのため、明日は三食ドーナツです。でもやっぱり買ってきたばっかりのドーナツはふわふわで甘くて蕩ける……幸せ。お店の前で分けてもらえる分はもちろんだけど、温めなおせば当日中は十分いける味です。明日になってもそう思えるかどうかは分かりませんが。

タグ : 洋画 スイーツ

アカウント

2008/01/31 Thu
明日はAmerican Gangsterを見てくるよ。公開初日。ノマファンとしては正しい行動でしょう! たとえ出演時間が40秒でも(しかもそれがシーン全体の総計であってノーマンが画面上に出てる時間はもっと短いとしても)ドライアイに屈することなくきっちり彼の勇姿を目に焼き付けてきますよ。
スウィーニー・トッドは残念ながらそれほどでもないって噂だし、DVDが出てから見れるときに見ればいいかなぁという程度。ジョニー・デップってもう普通の社会人らしい役柄はやらないつもりなのかしら……。この前テレビで『ノイズ』を見て素のデップ様のかっこよさに改めて気付いたのに、海賊とかゴシックとか、なんでまた……。普段の私服を見ても彼自身そういうのが好きなんだろうなとは思うけど、しゅっとした格好のほうがきっと好感度は高いのに! 『ノイズ』はストーリーは大したことないけど、シャーリーズ・セロンがかわいいのでなぜか何度も見てしまう。

あーもう、FanFiction.Netが動かなくてイライラ。ちょうど今いいところなのに!
ここ大きいサイトなんだからもうちょっと広告バナーもましなものにしてもうちょっと管理をしっかりさせたらいいのに……。でも最近また使うようになって、ずっと前に取ったアカウントをためしに入力してみたらちゃんと認証してくれました。いつくらいからここを使ってたのかなあと思ったら、2004年の冬とか……そんなに前から私はいらないことに情熱を燃やし続けていたのか……。

タグ : 洋画

twisted

2008/01/16 Wed
明日から語学の教場試験が始まります……。語学も一年前に比べればだいぶ憂鬱度が下がったけど、相変わらずドイツ語は得意とは言えない出来なのでナーバス。今月が終わるころには早くも解放されるんだとは思っても、先の法律科目の試験を考えると胃が痛い。好きな先生の試験は頑張りたいけど。←小学生みたいな思考回路

レンフロ君の訃報には驚きました。まだ25歳で人生これからだったのに……。ご冥福をお祈りします。
依頼人、The Cure、スリーパーズ、デュース・ワイルドくらいかなあ、見たことがあるのは。どれも結構好きな作品で、The Cureでは大泣きした記憶があります。かっこよくて才能もあって、好きな俳優さんでした。もうカムバックがないんだと思うと……。

タグ : 洋画

いかにも年末

2007/12/28 Fri
適当の極みですが、とりあえずお正月の準備をしています。母は今日雨が降ったので洗車に行かなくて済むと喜んでいました。

またいろいろ化粧品を買いこんできました。マキアージュのプレストパウダーは素晴らしい。今までお化粧直しって軽く見てたけど、大切だなぁ。基礎化粧品を変えて劇的に何かが変わったことはないけど、やっぱり上に塗るもの次第ではかなり変わりますよ(笑)今日はカウンターでちょっとだけメイク指導もしてもらったけど、人にやってもらうと更に違う(笑)。やっぱね、元がアレだとやり甲斐もありますよね! 成人式の写真の前撮りが新年二日にあるので、あと数日で頑張って練習しようと思います(笑)。

『クィーン』見ました。予想以上に面白かった。見方はそれぞれでしょうが、本当にヘレン・ミレンがクィーンです。ものすごい気品。ブレアさんの気の変わりっぷりが分かり易すぎる(笑)。あのロイヤル・ファミリーの談話室のシーンなんかは「本当にありそう」でリアルでよかったなぁ。

タグ : 洋画

『ミスティック・リバー』

2007/12/19 Wed
今日は美術館に行こうと思ってたけど、調べたら今日はシルバーデーだったので避けました。どうせ明日は全休なので朝から行きます。起きられればいいけど(笑)。

その代わりに大学の図書館で『ミスティック・リバー』を見てきました。本当は何見てもいいなぁと思ってたんだけど、ついついマイアミ祭りに便乗して。何だか最初のあたり前に一度見たような気がしたけど、途中からはぜんぜん記憶が無いので前回はたぶん寝落ちでもしたんだろうな。もしかしたら『スリーパーズ』と記憶をダブらせてるのかも……。
誰が出てるって主人公ジミー(ショーン・ペン)の経営する雑貨屋の店員っていう端役でジョナサン・トーゴが出てるんですけど、出番は思ってたより多くて台詞もたくさんあったのでとりあえず満足。それでも画面に映ってるのは合計で3分ちょいってところだと思いますけど……。もうノーマンやSPFのミニマムかつ涙が出るようなD級映画への出演っぷりを見慣れてくると、とりあえず変な死に方をしなかっただけ良かったと思えるようになってきます。殺されもしないし雑魚役でもないし、ファーストネームしかないような役柄だけど! 十分!
映画自体はさすがに面白かったです。最後には女性が一番強いんだな……。ラストのパレードを笑顔で見てるアナベスが一番怖かった。

タグ : CSI:マイアミ 洋画