FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワセミス・有栖川有栖先生講演会

2011/11/06 Sun
2年以上このブログを放っておいたので、ちょっと近況。昨日はWMC(ワセダミステリクラブ)主催・有栖川有栖先生の講演会@和敬塾でした。中学生の頃から読んでたので、ご本人が数メートル先にいらっしゃるかと思うと、少なからず感動を覚えた(笑)興味深い話が聞けてよかったです。創作の種明かしまではしないとおっしゃってましたが、いくつもの着想がまとまって新シリーズに行き着くところの話なんかはそれに結構近いのではないでしょうか。メモも取ってきたのでここでちょっと公開。

・同志社ミスは京ミスより古い説。入学前からミス研に入ろうと思っていたが、どこでも勧誘活動をしてなくて、数週間後にトイレの壁に貼られたポスターでようやく存在を確認する。
・学生アリスのEMCにモデルはない、有栖川先生の理想。
・作家になりたいというのは「ある種おそろしい夢」。何歳になっても諦めなくていいが、諦めるきっかけもない。
・今の筆力があっても再デビューの自信はない。キャリアの中でいちばん良かったことは、作家としてデビューできたこと。
・本格ミステリ作家クラブの会長職はあいさつとアンソロ序文。
・クラブをどこかの方向に引っ張っていく考えはない。シンプルに続けていくことが必要。
・作風が変わった、重いことを書いているが何かあったのかと言われることはあるが、本人には特に曲がり角の自覚はない。
・新シリーズはタイトルがまず先にあった。7,8つの着想から。
・「探偵」というのは、姿や年齢、職業は違っても、結局やることは同じ。歴代の「探偵」たちがずらっと並んでると、わくわくするよりちょっと白ける。「仮装行列みたい」
・だから探偵=良くないこと、の社会を書いた。自分と同い年の探偵(江神、火村に続けば今度は初老の探偵)は当たり前すぎるので、自分とはうんと遠い10代の少女探偵。
・『八つ墓村』は江神でも火村でも書きたくて書けなかったから、新シリーズの3作目で。
・ブログやTwitterはやる予定なし。そもそも人付き合いが好きな方ではないし、でもやり始めたら面白いこと書こうとサービスしちゃう。その間に小説書く。本末転倒。
・作家アリスに完結編はない。……今のところ。
・ずっと34歳のままのファンタジー。責任もそこまで重くないしフットワークも軽いこの年令は扱いやすい。浅見も33。
・でもずっと同じ年だと、属する世代というものが存在しない。悲しいキャラクターではある。
・オール推理の短編で大学生火村を書いた(!)。でも書きにくい、何年のことだかわからないのでボカしてある。車は何にしたらいいのか?
・江神シリーズは終わる。ずっと終わらない学生時代なんて気持ち悪い。
・本格と非本格は江戸川乱歩の定義に準ずる。狭義から広義まであるが、謎が解けることの驚き、不思議を重視。
・非本格というのは、そこにこだわらないミステリ。謎を解かない代わりに秘密が暴かれる、これにロジックは不要。
・困るのは叙述ミステリ。謎がない、仕掛けで驚かせる。本格ミステリの中心ではないが一部ではある。
・謎について応えを知っている人は生きていないのが理想。誰か知ってるなら「聞けよ!」と思う。
・だから殺人事件が合っている。被害者は答えを知っていても喋れない。答えを喋れるのは「イタコか探偵だけ」。
・本当なら死んだ人の声を聞きたい、幽霊が出てきてほしい。本格ミステリは幽霊の存在を認めないけど、探偵は推理をしてくれる。
・江神シリーズは第一短篇集(来年の暑い時期)→長編→第二短篇集。長編のイメージはまだ固まっていないが、終わっちゃうと寂しい。
・メディアミックスについて。まんがやドラマCDはいろんな解釈で作られる。自分の作品とは離れたところで見ている、ちょっと人ごと。
・安楽椅子探偵はミステリとしては邪道。100万の人に出題してこんな少しの人しか分からないのはいい問題ではない。2~3割に分かったほうが問題としてはいい。むしろ本格ミステリのパロディ。
・キャメルがなくなってしまうと困るんです、とJTの人に聞いた。するとキャメルに似てる銘柄、味が似てる銘柄のご提案が(笑)「ちょっと違う」。
・キャメルは外国たばこなので、自販機で買えなくなっても専門店に行けば買える。火村が買いだめしているところは想像しない。
・最初吸わせるタバコを決めた時、途中でなくなったら困る、「キャメルなら不滅」と思ってこれにした。でもなくなった。愛車のベンツも同じように決めたのに、途中でメルセデスと合併するし、火村に使わせると危ない?
・小説は自分のものだと思っているが、完結するのは読者が読み終わった時点。小説を読んで面白いと思ったなら、それはその人が構築したもの。面白かったと思わなければ、それは「合わなかった」。
・どこまで読者に期待していいのか、届いているのかは分からないが、なにか伝わっていると思わなければ書けない。どこかで誰かに伝わっている可能性。
・ロジック重視のミステリ。基本は「常識」。作者の常識がずれていてはダメ、最大公約数であること。ミステリでも「命が大事」。
スポンサーサイト


タグ : ミステリ

ドアの釘

2009/02/02 Mon
有栖川の漫画がまた出たらしいという話を小耳に挟んだので、Amazonで検索してみました。(これ
一瞬目を疑いましたが、そういえばこれは学生アリスだから、さらにいろいろ遠ざかるんだよなと思って無理やり自分を納得させてみました。でも、これはなかなか受け入れるのが大変だわ……。
結構麻々原さんが描く作家アリスのほうは好きだったんですけどね。あっちも第一印象がどうだったのかはよく覚えてないけど、これよりかは抵抗が少なかっただろうなと思う……。何と言うか、この学生アリスは桜井京介の漫画版を見たときに匹敵する衝撃です。
この数年で森も有栖川も京極も篠田さんも綾辻さんも漫画化されてますが、お願いだから御手洗にだけは手を出さないでほしいと思うのが本音です。描き手を選べば結構上手く行きそうな気もしますが、あれだけは聖域にしといてもらいたいなあ(笑)固定したイメージを持ちたくないんですよね。映画版もしかり。
有栖川はこの漫画がきっかけなのか、新規のファンが増えてきてるという話も聞きましたが、御手洗はもうどうせ新たな萌えは見込めないシリーズですからねえ、今さらファンを増やしたってどうしようもないんですよ……。島荘がこれを機に一念発起して石岡君をストックホルムに飛ばせてやるっていうんなら話は別ですけど(笑)。

あっ、それでも見てみたいのは『暗黒館』の漫画版です(笑)どれだけBLらしくてもいいよ、だってあれBLだし。絶対あれは本の厚さのせいで読者を逃がしてると思うの! さらっと漫画にして意味深なシーンでも詰め込めば、今からでも一大ジャンルを築ける設定だと思うのですが(笑)。
あっ、でも今探してみたら、昔より暗黒館サイト増えてますね。やった!

タグ : ミステリ

And The Deathly Hallows

2008/08/14 Thu
ハリポタの最終巻を読んで泣いているところを母に発見され、直ちに、すごい勢いで、バカにされました。つづみです。
ハリポタはもう翻訳本も出ちゃってるし今さらだったんですが、ひどいネタバレを見る前に読了できてよかった。以下最終巻「The Deathly Hallows(死の秘宝)」ネタバレ。


( Read more )

タグ :

WICKED

2008/02/18 Mon
今日はパスポートの受け取りに行ってきました。最近のはICチップなんて入ってるんですね! すごいなぁ。
ついでに旅行のためにリーガルで新しいローファーを買い、本屋さんに寄ってきました。試験用の参考書とWICKEDをご購入。本当はCSIのノベライズでもあればいいなと思ったけど、地元にはなかった。(マイアミのノベライズにはマックス・A・コリンズが手掛けたものもあるそうで……気にはなるがおそらくRy登場以前の話)
WICKEDはこの前読んだficでGregとRyが一緒にミュージカルを見に行ってたので(何読んでるんだ)それでちょっと興味を持って調べて、今ちょうど日本公演もやってるところだというので気になってたんですよね。オズの魔法使いの西の魔女の話です。
しかし私、そもそもオズの魔法使いの話をよく知らないなと思ってネットで調べてみたら、私がオズの魔法使いだと認識していた話が実は作者が書いたオズシリーズの中の三作目(『オズのオズマ姫』)だったことを知り超ショックを受けました……なんていうことだ……。うちにはこの絵本しかなかったよ。そもそもオズの話がシリーズだったことすら知らなかった。作者のオリジナルの他に、他の作家がオマージュとして書いた話もシリーズの一部としてファンには認識されているそうで。別にシリーズ全体が続き物というわけではないし主要キャラクタも死んだりしないから、いくらでも設定を変えて新しい話が出せるんだろうなあ。

フリーダム

2008/01/27 Sun
久しぶりにミステリに対して食指が動いた。『吹雪の山荘――赤い死の影の下に』
やっぱりこういう本格モノっていいよなあ! すごく自由な企画のようですが(笑)絶対に期待を裏切らない楽しさがありそうです。
最近ずっと縦書きの活字の本を読んでないので、一回ここらで読書にはまりなおしたい所存です。もうたまに縦書きの教科書とか読むと、全然内容が頭に入ってこない。単に私の頭が働いてないだけかもしれませんが、本当に読みづらい。ネット習慣の弊害だな……。
でも本がね、なかなか手に入らないのよね……。新刊のたびに買うほどじゃないし(そもそもこんなに狭い部屋に教科書以外のハードカバーを置きたくない)図書館は貸し出し予約でいっぱい、いつ読めるか分からないし。巣鴨のツタヤは驚くほどの在庫率なのに、図書館はなぜこんなにフル稼働なんだ? (ツタヤはたぶん地元のツタヤよりも楽に借りられます。CDもDVDも盤面ぴかぴかだし、半額レンタルの最終日に行っても棚がガラ空きなんてことないし・笑)

でも「ドアラ本」は本気で気になる。すごく読みたい。

タグ : ミステリ

『聖女の塔』(篠田真由美)

2007/12/07 Fri
篠田さんの『聖女の塔』読了。前の話とつながりがあるはずなのに、覚えてない……もやっとしたまま読み終わってしまった。前提としてノベルス一冊と短編一本が必要です。
ミステリとしてどう、というよりも、桜井京介だなあ。名探偵としてシリーズ化されているからできる話。シリーズ最終巻も射程に入ってきた中、ラストがますます気になる展開です。しかし京介の美貌がいつのまにか周知のものとなってきているのは何故? パッと見冴えないGeekに見えるのではなかったか……ラストのJuneっぽさにもちょっと引いた。ギャップが……。

課題用の本を借りるために図書館に行ったのに、結局J・ディーヴァーとか借りてる。

タグ : ミステリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。