スポンサーサイト

--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごきげん香港

2008/02/27 Wed
三泊四日で香港に行ってきます。楽しみだな! 近場だけど初海外ですよ。今回は潔くお食事メインの旅行なので、しっかり本場の中華を堪能してきます。
唯一の不安は明朝ちゃんと飛行機が飛ぶかどうかですが。なんだか今すごい強風がびゅうびゅういってるんですが……窓枠どころか家まで揺れそうな勢いなんですが……。さっきまで雨も降ってたし。先週末からやたら天気が荒れてますよね。セントレアは立地としても風に影響されやすいって話だし、ちょっと心配です。行きの飛行機が欠航になっても困るけど帰りが欠航になっても更に困るよな! トム状態。帰ってこられなくなったらどうしよう。私はまだエンディングノートを書いてないのでいろいろ心配なことが多すぎます。とりあえず不発弾だけは見て見ぬふりしておいていただきたい。
スポンサーサイト

お引越し

2008/02/24 Sun
この春大学を卒業する姉の引越しを手伝って奈良まで行ってました。いたるところに鹿男のポスターが貼ってあったよ……。今奈良は熱いもんね!
姉の部屋の整理をしていたら、ラジカセの奥から薄い本が出てきたり棚の下から袋に包まれホコリを被った薄い本が出てきたりしたので大いに笑わせていただきました。こんなところにあったのか、というか君が持ってたのか、という懐かしさのものまで……。DVDの間にそっと滑り込ませたりしたけど、自分でもどこに不発弾を隠したか覚えてないっていうのは大いに問題だね! 私はちゃんと引越し前に処分しておこう……。
しかし昨日の夜からやたら寒くなって雪も降って、今日の朝には雪で高速が通行止めになってたりしたので非常にうろたえました。まだ車一台で来たから良かったようなものの、最初の計画通り軽も出動させてたら恐ろしいことになるところだった。軽自動車で母の運転(まっすぐの道でもなぜかステアリングが小刻みに揺れている)、雪の高速、イコール身の危険ってことですよ!
ジェンガ状態で荷物をトランクに積み上げて、車後ろの視界は完全に放棄したままよろよろ帰ってきましたが、事故がなくて良かった……。

信義則違反

2008/02/21 Thu
ダフィーたんがまた気になることを仰ってますが(BDS続編All Saints Dayについて"have some VERY GOOD FxxKING NEWS in a few short weeks")本当かなぁ……散々やきもきさせられただけに疑心暗鬼にもなるってもんよ。本当に早く撮らなきゃ数年後の話では済まなくなってしまうよ。ショーンもノーマンもまだ若々しいとは言え、だいぶ落ち着いてきちゃったしね。ここで全然違うキャストでやるなんて言ったらどうなるか分かってるだろうなトロイ……。今度は権利関係の訴訟なんかじゃ済みませんよ。慰謝料沙汰ですよ。

昨日は高校の友人と一緒にデートしてきました。ほとんどいつもと同じコースなんですが、今回はどっちも待ち合わせに遅れなかったのでとてもスムーズでした(笑)。キルフェボンでは毎月20日限定でキャンドルナイトケーキっていうのをやってるんですが(こういうコンセプトだったのね…)なかなか美味しかったです。ちょっとイチゴが小さめだったけど。
本当キルフェボンは見た目が美しくて癒される……。デコラティブにクリームで飾ったケーキもいいけど、フルーツいっぱいの宝石みたいな鮮やかさはやっぱりタルトならではです。

タグ : 洋画 SPF スイーツ

WICKED

2008/02/18 Mon
今日はパスポートの受け取りに行ってきました。最近のはICチップなんて入ってるんですね! すごいなぁ。
ついでに旅行のためにリーガルで新しいローファーを買い、本屋さんに寄ってきました。試験用の参考書とWICKEDをご購入。本当はCSIのノベライズでもあればいいなと思ったけど、地元にはなかった。(マイアミのノベライズにはマックス・A・コリンズが手掛けたものもあるそうで……気にはなるがおそらくRy登場以前の話)
WICKEDはこの前読んだficでGregとRyが一緒にミュージカルを見に行ってたので(何読んでるんだ)それでちょっと興味を持って調べて、今ちょうど日本公演もやってるところだというので気になってたんですよね。オズの魔法使いの西の魔女の話です。
しかし私、そもそもオズの魔法使いの話をよく知らないなと思ってネットで調べてみたら、私がオズの魔法使いだと認識していた話が実は作者が書いたオズシリーズの中の三作目(『オズのオズマ姫』)だったことを知り超ショックを受けました……なんていうことだ……。うちにはこの絵本しかなかったよ。そもそもオズの話がシリーズだったことすら知らなかった。作者のオリジナルの他に、他の作家がオマージュとして書いた話もシリーズの一部としてファンには認識されているそうで。別にシリーズ全体が続き物というわけではないし主要キャラクタも死んだりしないから、いくらでも設定を変えて新しい話が出せるんだろうなあ。

バレンタイン

2008/02/14 Thu
今日はデートだったんですが(相手がそう思っていなくても私はこう呼ぶことに決めた)思いがけず向こうからもチョコレートを貰ってしまって非常に困惑しています。ホワイトデーってこの場合どうすれば……。
しかし昨日急に決まったことなので、今日待ち合わせの時間の30分前にデパートに駆け込んでチョコレートを買ってきたんですが、さすが上野の松坂屋というか、ホントに大したものは置いてないのね……一年に一度なんだから私だってピエール・マルコリーニかジャン・ポール・エヴァンくらい食べたかった!(買う分じゃなくて?) でもやたらマイナーなショコラティエか有名すぎるどころ(モロゾフとかメリーとか)しか置いてなくて、仕方なくゴディバです。つまらん……。
昨日母に電話したとき、「最近の名古屋嬢はバレンタインに2万円使ってホワイトデーに8万円回収するらしい」という真偽の怪しい情報を貰い(でも彼女曰くわざわざネットで調べてくれたらしい……)「最低でも3千円」と主張されたのでまあそんな感じのを……。そして自分用には4個入りのトリュフを(笑)一箱だけ買うのが恥ずかしかったんだもん!

で、東京都美術館でやってるルーブル美術館展に行ってきました。私はいつも母と行くか、東京にいるときは大抵一人で見て回るので、音声ガイドも借りてところどころで休みながらっていう自分なりのゆっくりペースが身に付いてるんですが、人と一緒に行くとある程度歩調を合わせなきゃいけないからちょっと大変ですよね……。今回は絵じゃなくて工芸品メインだったからさらりと見てきてしまったけど、たぶん絵だったらこうは行かなかったと思う……。
でもきらびやかで豪華な展覧会でした。華やかな気分になれます。ちょっと前に映画で『マリー・アントワネット』も見てるので、そのときのことを思い出しながら……。調度品も絵画も綺麗というより可愛い感じです。こんなものに囲まれて暮らしたらさぞかし楽しいだろうに(笑)実際それだけではなかったんでしょうけど……。
しかしあの映画のキルスティン・ダンストはいつもの数倍可愛く見えた。

タグ : 美術館 スイーツ 洋画

ショッピング

2008/02/13 Wed
今日は友人のお誕生日プレゼントを買いに(まだ買ってなかった! ごめんKちゃん!)渋谷まで出かけてきました。私は彼女からサマンサ・タバサのポーチを頂いてたのでこっちは何を買おうかなぁと思ってたんですが、この前美容院で出された雑誌を見たら若い子の間でキャス・キッドソンのポーチが大人気だって書いてあったのでそれにしようかなぁと……。でもネットで調べてみたら最近のはほとんど中国製で縫製が甘いようだったので、ちゃんと代官山の直営店まで現物を見に行こうと思ったんですね。
で、代官山まで行ったんですが、迷うこと迷うこと。初めて行ったんですが、そもそも駅の場所すら分からなかった。小さな路地がいくつもあってその端々に小さなセレクトショップみたいなのが並んでるので、どこを曲がればいいのかどれくらい先まで行ったらいいのか分からなくて、結局一時間ぐらい彷徨った……(本当は駅から5分)。
それでようやく路地の奥のほうにようやくお店を見つけたんですが、これがまた小さいのね……。10人入ったら息苦しい感じですよ。あのキャスの花柄プリントが氾濫していて見た目とても乙女チックなんですが、さすがに人がぎゅうぎゅう詰めでは難しかろうと。
で、ちょっとだけ物色してみたんですが、正直あんまり好きじゃない……。プリントは確かに可愛いんですが、ペラッペラのビニールコーティングでポーチを見ても裏地すら付いてない。化粧ポーチのはずなのにポケットが一つしかない。値段もそう高くはないけどモノのわりに強気(笑)これじゃあな……ということで早々に退散してきました。なんでこんなに人気なの?

代官山もきっと服を自分で選ぶ人なら楽しかろうと思うんですが、私は決まったところでしか買わないので何も見るものがなく、しょんぼりして渋谷まで戻りました。代官山はオシャレな街だと聞いてたけど、私にはレベルが高すぎた……。でも住宅街はハイソな感じで非常に良かったです。庭にヒヨコのオブジェがあったりしてね(ハイソ?)大使館も憧れです。

最終的に渋谷の西武で決めました。多分愛知県民なら分かる感覚ですが、どうしても松坂屋と三越と丸栄(と西武)に馴染みがありすぎて、丸井とか伊勢丹とか行けないのね。サイコロジカルディスタンス。
実は店員さんの口車に乗せられたんですが、ちゃんといいものをゲットできたのでほっとしました。楽しみにしててくださいv もう本当、毎回頑張って決めてるんですよ……。


予定では明日実家に帰ろうと思ってたけど、急な予定が入ったので多分帰るのは明後日です。でもこれでバレンタインを一人で過ごさなくて済むよ! あらかじめ分かってたら今日買ってきておいたのに……。

冬合宿

2008/02/12 Tue
合宿から帰ってきました。一日目の晩のたった一度のアヤマチが原因で、その後帰りの電車に至るまでずっとみんなに弄られ続けたことは内緒です。ああ、記憶から抹消してしまいたい……。東欧じゃない、北欧だ!
行き先は那須の学生向け宿泊施設だったんですが、元々の人数が少ないので過去に経験した集団旅行よりもかなり楽でした。布団と布団の両端が重なっちゃうような雑魚寝を想像してたけど、それほどでもなかったし。他団体もいないから夜遅くまで騒ぎ放題だし(笑)。
那須に到着したときは雪もあんまり積もってなかったんですが(せいぜい3センチ?)、二日目は朝から吹雪いてて、そんな中わざわざ戸外でレクリエーションをしました……正気じゃないよね! なかなか楽しかったけど(笑)。私の格好はまるでケニー(サウ○パーク)のようだった。
夏にも合宿があるので、今から恐れおののいています。今度はもっとちゃんとした運動まで日程に組み込まれてるらしい……。なんにせよ行く前よりも行ってからのほうが案外楽しいけど、期間がもっと長くなったらたぶんまた行きたくないと駄々を捏ねるんだろうな。

ダブルスタンダード

2008/02/09 Sat
今日になってようやくまだ電車運賃の学割証を取っていないことに気づいて、いそいで取ってきました。入試で大学が入構禁止になってたからうろたえたよ……。もうそんな時期か。
ついでに図書館に行って『ドニー・ダーコ』を見てきた。あのウサギ、強烈なインパクトがあります。ストーリーが複雑でちょっと謎が残る映画。ジェイクが若いなと思ったけど、結局ジョナサン・トーゴのほうがよりイケメンであると結論付けた自分にちょっと物悲しさを感じた。
(でも本当にかっこいいと思うんだけど……明らかに一番最初にマイアミシーズン3を見たときよりもかっこいいと思うようになってきている。これって慣れただけ? いやいやいや。この可愛さ他のCSIキャラなんか目じゃないですよ! ←しかし本気でこのThree CSI Hottiesの選択基準はどうなのかと小一時間問い詰めたい)

それから今月のミステリ・マガジンが海外ミステリドラマ特集だったので手に取ってみたら、ほとんど特集内容がマイアミ中心のCSIオンリー。CSIをミステリに分類することができるとは知らなかった。現代のフーダニットとか言われてたけど、首を傾げるね。それならまだお昼にやってる再放送二時間ドラマのほうがフーダニットらしいのでは。毎回抜け穴だらけの捜査で自白を引き出してるというのに(しかもあっさり)それって偏にホレさまの凄みが事件解決のすべてなんじゃ……。
そういう点でマイアミが「すべてホレイショをかっこよく見せるため」のドラマであるという弁には非常に得心がいった。やっぱりそういう話だよね! ミステリなんてどうでもいいんです、ホレさまがかっこよければ。ストーリーからどれだけ浮いててもいいんです、ホレさまが目立ってれば。
この前の来日時のカルーソ氏のインタビューも載ってましたが、どこかで読んだような内容でした。隠し子の話ってもう本国でも放送されてるの? それにしてはまだ話題が少ないような……。fandomではライアンがホレさまの息子っていう設定も一つのスタンダードになってると思ってるけど(笑)。

タグ : CSI:マイアミ 洋画

久々

2008/02/06 Wed
うちで一人パソコンの前に座っていたら、数ヶ月間メールも話もしていなかった友人からメールが来て「今から代々木!」だって……。いいなあ。そういえば今日ラルクのライブだよなぁ、自分が行かないと俄然どうでもよくなるなぁ……と思っていたら、一緒に行く予定だった人の都合が直前になって合わなくなったらしい。会場近くで捌けないかと思っていたらしいんですが、やはり平日・しかも小降りの雨という要因も重なって、一枚だけのチケットはそのまま誰の手に渡ることもなく無駄になったそうです……。あーあ、あと三時間早く電話してくれたら私が立候補したのに!(ライブ禁止令は?)
あれだけチケット取れない取れないと言われておいて金券ショップでもプレミア付きで売買され、参加席まで出た代々木公演なのに、勿体なかったなぁ。一階席だって言ってたからそう悪い席でもないと思うんだけど。
しかし数ヶ月音信不通だったせいで、彼女が去年の天嘉(名前変わったけどしつこくこのまま)で最前列だったことを今更知らされました。もう、なんで私と一緒のときにそのチケ運の良さを発揮してくれないの!

あーあ、ライブ行きたいなぁ。もう一回リンキンがイエローカードをオープニングアクトにして日本公演やらないかなぁ……毎回来日の数ヶ月後にファンになって己の間の悪さを悔やむのよね。ちなみに私、マイアミつながりでリンキンにはまった後は(実際マイアミのfandomにはリンキン好きが多い気がする…)The Whoを聴こうとしています。つくづく底の浅い人間であることよのう! でもBaba O'Rileyがすごく好きで……かっこいいですね、これフルで聴いても。
オープニングはNYが一番かっこいいと思う。マイアミのオープニングは、ナタリアとフランクのせいでライアンのシーンが一部削られたことにいまだに納得がいってません。フランクは好きだが、あの伝説の必殺・上目づかいが削除されて私がどれだけ傷付いたか……。


タグ : ラルク CSI:マイアミ 洋楽

"One of Our Own"

2008/02/05 Tue
ついにマイアミシーズン4フィナーレ。マイアミって力入れてるときのエピソードとそうじゃないときのエピソードで面白さに格差がありすぎる。いつもこれくらいの質を維持してくれたらいいのに……。
ついにmole問題も解決……したようなそうじゃないような……。あーあ、これでクーパーとラボ内の他の皆との空気が険悪になる理由が分かったよ……。S6でも何かやらかすという話ですが、もういっそこのままおバカキャラを貫いてくれ! そしてライアンの不祥事の半分でも引き受けてくれれば(本音)でもナタリアはクーパーとくっ付けばいいんじゃないかってちょっとだけ思った。このツーショットはなかなかかわいい。そういう展開にはならないのかな……。これだけ人数がいるんだから、一組くらい安定したカップルがいてもおかしくないのに。案外上手く行きそうですよ(笑)。
そしてライアンが珍しくカッコイイ。うわあいいなあ、あの取調べ最中のえらそうな態度! ようやく今までの行動が報われたと思ったら実はあっさり空振りですが、強気な態度のライアンはやっぱりいい。無駄にflirtyだし、今日の彼は光ってるね。


いろいろ待ちきれず動画をTogoのファンサイトで漁ってみたんですが、S6はちょっとだけヘアスタイルが変わってて可愛い。S3初めのころの坊ちゃんぽい髪型はやたらひ弱そうに見えますが、S6は普通に男前です。ていうかライアン、CSIにいないときのほうがイキイキしてるように見えるんですが……。やっぱり職場合ってないんじゃ……。
こんな男前モードのライアンが拝めるS6がまさかシーズン半ばにして打ち切りとか、そんなのむごすぎる。このままストライキ継続、今シーズン最終回の予定日を過ぎれば、もう続けて制作はされずに新しいドラマの新シーズンに移行しちゃうってことなんですか? ニュースサイトを見る限り、契約交渉に関して公式な発表が随時されているっていう感じではなさそうなので、それがまた不安だよなぁ。契約書の草案がまず認可されないとダメってあるけど、いまだにそんな段階なのか……三ヶ月も引き延ばしておいて……。
ライターには当然継続した見返りを受ける権利があると思うけど、今までの待遇があまりにも悪すぎて、いきなり(真っ当な)収入を受けることを主張しても藪から棒にそんなの無理!って感じはする。こうやっていろいろこねくり回している間にも損失額は増えていくんだから、さっさと妥協すればいいのに……。

なぜWriters' Strikeが起こったか?(WGA)
http://wga.org/subpage_member.aspx?id=2686
ニュースサイト・まとめブログ
http://www.deadlinehollywooddaily.com/
http://blog.meevee.com/my_weblog/writers_strike/index.html

カルトの狂気読み終わりました。普段からfandomに浸かってる人間からすると、「どんなfangirlでも小説家になって一度オフィシャルで小説を依頼されれば、自分設定(fanon)がcanonになる」という可能性が頭を過ぎりました。いいなあ、これ……。だって何書いても自由ですよ。slashをやっちゃえとまでは言わないでも、たとえば何気なくライアンがDNA抽出の新理論を示唆したりして、驚いたヴァレイラに「昔ベガスのlab ratと付き合ってたことがあるんだ」とか。←無茶
昔ハマった某ジャンルでは、公式オリジナルノベルの執筆者が原作者とお知り合いの同人屋さんだったよなぁ……そう設定に色を付けていたようには感じなかったけど、羨ましい話(笑)。

タグ : CSI:マイアミ

CSI:マイアミ『カルトの狂気』

2008/02/03 Sun
CSI:マイアミ『カルトの狂気』を読んでいます。いつの間に出てたのか、ネットに話題になってたのを見てさっそく入手。本国ではもう既にいくつかオリジナル小説が出てるみたいですが、これはウルフがCSIになってからの話。出版順の最初から翻訳したわけではなさそう。
しかし映像よりもさらに突っ込みどころがたやすく見つけられる小説は、マイアミの笑いの側面を押し出すのに相当有用な媒体ですね……。ホレイショ目線で書かれる部分のモノローグがいちいちナイスです。

「ホレイショ・ケインには秘密があった。…(中略)…ホレイショに備わっているもの、それはユーモアのセンスだった」 (p.13~14)

この本を一冊読み終わるまでに、何度か彼岸を見そうです。笑いすぎて窒息死。
それからよく訳の分からない「例え」も……。文脈に紛れ込ませるようにして笑わせてくるので注意が必要です。
少し前に読んでたficでグレッグが「なんでこの人間はいちいち顔を傾け、人の言葉尻を繰り返すのだろう? この繰り返しは些か彼を間抜けに見せる」みたいなことを言ってたのを思い出したのが

デルコ「…。全く筋が通らない」
ホレ 「そう、筋が通らない……」 (p.11)

ほんとグレッグとか、マイアミの外にいる人はこういう確信をずばり突いてくるから困り者ですね! それは禁句だよ。もう私チーフの発言を真顔で聞けなくなってしまった。でも本当に、ホレ様っていいキャラクタだわ……。
こんな部分のユーモアセンスから言っても、かなり小説は面白いです。マイアミって事件はそう興味深いわけでもないしほとんどキャラ立ちで成り立ってるようなドラマだから、これを小説にして面白いのかなと疑ってましたが、地の文がバカミスっぽいので案外いける。翻訳されてホレ様の一人称が「おれ」だったり、デルコ→ウルフの呼びかけが「きみ」だったりしますが(むず痒い)。

タグ : CSI:マイアミ

ワールドツアー

2008/02/03 Sun
ツアー発表に乗じてちょっとラルク関係に盛り上がってみました。
キスツアーが終わったらそのままソロに行くものだと思ってたけど、まさかワールドツアーの計画があったとは……。しかもアジアだけならいざ知らず、パリ! しかもヨーロッパはその一日だけ! なんだか「とりあえず……」感が垣間見えます。行くだけでもそれなりにかかるんだから、若手V系バンドの先例に倣って虱潰しに各国回ればいいのに(笑)。正式発表がされる前のLJではドイツやスペインでも…という噂があったようなので、こっちは都合が合わなくて断念したとかいう事情もあるのかな? 招待じゃなくて完全にラルクの希望みたいだし。
私の感覚ではヨーロッパよりアメリカ、南アメリカのほうがファンが多いような印象を受けてたけど、今年はあっちに行くことはないんだろうか……。とにかくヨーロッパのファンにはおめでとう! もしかして初欧州なのかな? だいぶ激戦になると予想もされているようですが、頑張ってください(笑)。
東京と大阪でもドームを回るそうですが、ちょうどその頃はたぶん一番忙しい時期なのでパスします(忙しくなることが分かっておきながら前倒しにはやらないって……)。参戦される方は楽しんできてください~。

テレビ付けてたらゲームのCMで新曲が聴けました。あれっ?と思ったところでようやく注意を向けたのでまるで何にも分かりませんでしたが、フルではいつ聴けるかな……。mp3音源は出回ってるけど、ライブ会場での密録だと思うと聴く気になれない。

タグ : ラルク

『American Gangster』

2008/02/01 Fri
American Gangster見に行ってきました。ノーマン抜きにしても見に行って良かった……ラッセル・クロウがいい役。白黒はっきりする映画ではありませんが、ラストなんかは娯楽的にも面白いです。
ノーマンは映画中でちゃんと自己紹介したにもかかわらず(ちゃんとノーマン・ライリーっていう名前があるんです!)エンドクレジットでは"Detective in morgue"という「刑事その一」扱い……。寂しいよう。40秒だと聞いていたものの、体感秒数としては20秒あるかないかって感じ(笑)。でも髪の毛長め、ホルスターがいかにも刑事!でやっぱり可愛かった。キャプが出回ってたのでこっそりメモしておく……。Thanks!
ttp://community.livejournal.com/norman_daily/442406.html#cutid

それから今日は「スイーツ(笑)」な気分だったので、朝から晩までずっと甘いものしか食べてない(←そういう問題ではない)。朝は池袋タカセのファンタジー、お昼はルミネエストのPANCAKE CAFE PoPo COLORでお豆腐と塩キャラメルのミルフィーユパンケーキ、夜はKrispyKremeでした。でもお昼(正確には三時のおやつ)のパンケーキは正直残念。ついさっきまで冷蔵庫に入ってたよね、っていう味でした(笑)普通のパンケーキを頼めばもうちょっと美味しかったのかな……。
KrispyKremeは二度目。つい昨日ficでグレッグが話題に出してたのを読んで、つられました……。新宿の方に行ったんですが、夜6時くらいに行って50分待ちの掲示。一応お店の前に並ぶ範囲で済んだのでトライしてみたんですが(この前行ったときは数十メートルの列が店の周りを囲んでいた…)最近はダズンで買う人は別の列に並ばせてくれるんですね。めんどくさかったので一気にオリジナルグレーズドを12個買ってきました。結局所要時間10分。
ただ、一人暮らしで12個ノルマのため、明日は三食ドーナツです。でもやっぱり買ってきたばっかりのドーナツはふわふわで甘くて蕩ける……幸せ。お店の前で分けてもらえる分はもちろんだけど、温めなおせば当日中は十分いける味です。明日になってもそう思えるかどうかは分かりませんが。

タグ : 洋画 スイーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。