FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Australian Idol

2008/08/28 Thu
Australian Idolのダレン、見ました。アメリカン・アイドルのオーストラリア版。日本で言えば懐かしの「ASAYAN」ですよね。

こっちでビデオも見れます。冒頭の一部だけ。
http://www.australianidol.com.au/video.html

三人いる審査員のうち一人を務めてたんですけど、真ん中に座ってるTina Arena(この人もオーストラリア出身の歌手らしい)が一番辛口でドキドキしました(笑)。でもダレンも音楽・仕事となるといつまでもsweetでいるはずはなく、真面目だったり人が歌ってる最中に目を回してみせたり(笑)なかなか格好良かったです。

審査員をやることになったときの記事がこっちに出てます。
http://www.news.com.au/entertainment/story/0,26278,23515605-10388,00.html
「ロンドンに住んでいるオーストラリア出身のエンターテイナーとして、海外で成功しようとする同胞にはどうしても弱いんだ」
「人を評価・判断するより、その人の中にある小さなマジックのかけらを見つけてあげたい。昔誰かが僕の中に見出してくれたように」
「可能性は音楽でのキャリアを積む中で大きな判定基準になると思うし、Tinaと僕とでそれを発掘する手助けをできたらいいね」
「Dicko(もう一人の審査員)のこともTinaのことも大好きだし、きっとすごく楽しいものになると思うよ」

ダニエルが新聞に載せたバンドメンバー募集の記事を見て、応募してきたのがダレンだったっていうのが二人の出会いの始まりだったことは有名な話ですが、そのオーディションでダレンが自他共に認める悲惨さだったっていうのもまたよく知られているところです。緊張したあげく歌はめちゃくちゃだし、その当時はダニエル曰く「ちょっと太り気味」だったと(笑)。その中で光るものを見出してくれたダニエルには、今も本当に感謝してるんでしょうね。ダレンのほうが一つ年上ですが、そのときから音楽界での経験はダニエルの方がだいぶ長かったし、SG解散後も「ダニエルが自分を見つけて、育ててくれた」発言をしてます。ダレンは今自分がオーディションをする側になって、こんなことも思い出してるんだろうなあ……ううっ。
ダニエルはいまや自分でスタジオを持つ音楽プロデューサーなので、新しい才能を発掘するなんてことは日常的にやってるんだろうと思うのですが、実際はなかなか見つかるものでもないんだろうし。なんてったって"maybe it's an intuition"ですからね。SGの二人が特別だった、ソウルメイトだったっていう思い出話(泣)は長くなるし寂しいので割愛しますが、大勢の中からオーディションっていう限られた時間と資料の中で本当の一人を見つけるのは、まさに直感勝負だったり、もっと言ったら奇跡に近いようなことなんだろうなあ。
スポンサーサイト


タグ : DarrenHayes SavageGarden

ウェッジウッド展

2008/08/24 Sun
岐阜の現代陶芸美術館で『ウェッジウッド ~ヨーロッパ陶磁器デザインの歴史』を見てきました。母が食器好きなので家にはショップやオークションで買った数々のノリタケやら大倉陶園やらが山と積まれておりまして……(しかも誇張ではなく山になっている)。そんな環境にいるのでウェッジウッドはどうもメジャーすぎるイメージでちょっと敬遠してしまうのですが、展示ではこの西洋陶磁器の歴史をざっと見できました。そんなに展示の量もないので、私的にはノリタケの森の展示室の方がボリュームがあって好きかなと思うくらいでしたが(笑)。現行のコレクションにほとんど触れてないからでしょうけど、このデザインだって相当昔から変わってないものなんだから、展示に加えたほうが自然じゃないかなあとも。

帰りには土岐のアウトレットに寄ってきましたが、朝から「大雨が降るかも」と散々天気予報に脅されていたにもかかわらずすごい車の大行列。実際はちっとも雨なんか降ってなかったんですが(笑)こんなに混んだアウトレット久しぶりに見た。
ブルックス・ブラザーズでお買い物をしてる途中、ふとタグを読んでみたら、今までブタとリボンだと思っていたトレードマークが実は羊とリボンだったことに気付いて大変ショックを受けました。あ、あれが羊ですって? どう見ても太りすぎだよ!
しかしここの洋服、すごく可愛くて大好き。高いけど。こういうお上品で流行に左右されないスタイルがいいですねえ……。ダレンもここ数年こういうトラッド系統の服をよく着てますよね。ブランドが大事じゃなくてホントは古着も好き、ブランドでならポールスミスが好きだって言ってるのを雑誌記事で読みましたけど……ポールスミスを選んだ理由が「ノッティンガム(夫・リチャードの故郷)出身のデザイナーだから」ですもんねぇ(笑)あーあ! ラブラブっていうか、端的に言ってこの二人、バカップルですよね(笑)いや、でも大好きだけど!
この間のサンフランシスコ滞在からロンドンに帰るときは、為替レートと英ポンドの恩恵を存分に享受することにしてUrban Outfittersでショッピングするとブログに書いてました。この人に一人でショッピングさせたら、恐ろしいほど時間がかかりそうだな……(笑)。

タグ : 美術館 DarrenHayes

HEROES S1

2008/08/20 Wed
HEROES最後まで見ました。以下ネタバレ。
いやあ、たまげたね……予想以上だったよ、あの兄弟……。思わず二度見・三度見した!>私信
空中で核爆発して、衝撃や電磁波がまったく地上に影響を及ぼさないっていうのはちょっと不思議ですが、見なかったことにします。まさか愛の逃避行とは! そりゃクレアも茫然自失しちゃいますよね。ただのブラコンかと思っていたら、なんとまあ(笑)。いや、私もプラトニックだって信じてるけどね! ふふ。
しかしその後すぐに第二部「世代」とかいって「大草原の小さな家」風の幕開けがあるもんだから、えっ、嘘! 男同士では子どもが産めないはずよね! それとも遺伝子異常設定でここまで調子よく行かせるものなの? とか真剣に考えてしまったよ。こう、『あの爆発のあと運良く生き残った兄と弟はどこかの草原に不時着。今までの戦いを忘れて新たな生活を始めることにした兄弟は、緑に囲まれた平和な田舎に小さな家を建て、二人の子どもを育てようと決心する』とかさあ。もちろんあのシーンからはアナキン・パドメばりの「お花畑で無邪気においかけっこ」が展開されると信じて疑わなかった。ヒロくんが出てきた瞬間現実に引き戻されたよ。すっかり忘れてた! ごめん!

さしたる崖っぷち展開ではなかったけど、S2も気になりますねえ。サイラーはモヒンダー先生をストーカーするところから始めるんでしょうね、きっと! ああ、でも、あのか弱さを垣間見てしまったらサイラーなんて余所余所しくて呼べない。私もガブリエルって呼ぶべきかしら。
クレアパパの「ノアと呼んでくれ」発言にもひとしきり萌えさせていただいたけれども。今まであれだけ注目しておきながら、ファーストネームさえ知らなかった! いやあ、素敵な名前ですね。でも私は皆から「クレアのパパ」「チアリーダーのパパ」と呼ばれ、果ては自分で自分のことを「パパ」と言っちゃうノア・ベネットが好きなので、これからもずっとクレアのパパと呼び続けたいと思う。パパが最後までお亡くなりにならなくて良かったよ……。


タグ : HEROES

ダークナイト

2008/08/17 Sun
数年ぶりにコメさんと一緒にカラオケに行きました。スカひらとか歌ったよ!

それから東京で探しまくって見つけられなかったSPIN(ダレンのソロ1st)ですが、地元のブクオフには三枚も売ってました……。SGもたくさん……。嬉しがっていいのか悲しむべきか。
Break me Shake meのシングルとか買いましたけど、mp3で持ってると思ってたTo the moon and backのアコースティックバージョンを実は一度も聴いたことがなかったことに気付きました。最近imeemやMySpace、RadioBlogClubから簡単に多くの曲が聴けますけど、SGはリミックスやバージョン違いがやたら多いので、その全部がアップロードされてるわけではないんですよね。今まで散々ネットにお世話になってきたお礼に、こっちからもアップすべきかなとか思いましたけど(笑)法に抵触しますからね! Last.fmを覗いてみてもリスナー数が少ないようなので、勿体ないなとは思いますけど。

ダークナイトも見に行きました。バットマンは先日深夜に民放でやってた一作目(たぶん……何作もありすぎてよく分からない)しかまともに見てないのですが、繋がりがあるようなないような。コミックスと映画と、媒体が複数あるので設定を統一してないのかな。
今回ヒース・レジャーの遺作と言われてるので特に見に行ったっていう気持ちがありましたけど、今まではヒースが出た映画だからといって毎回映画館まで足を運ぼうというまでのファンではなかったことを考えると、なんだかこの自分の態度の変わりようが薄っぺらく思える。世間全体にそんな風潮は漂ってますけどね。
映画はバットマンが検事大好きでびっくりしました。二人とも自分にとっては大事な人だったっていうのは分かるけど、愛する女性よりも世間のために必要な新しい英雄を助けることを選んだって辺り、どこまでも無私の人ですね! いや、単にバットマンは検事のほうが好みだったっていうんでも構いませんが。
結局ヒロインは二人に裏切られてるとか自分の意思を誤解されたままだとか、考えてみれば結構かわいそうなことになってます。女性は出てくるものの、見事にロマンスの少ない映画。出てくるはずのロマンス要素をことごとく没却している


タグ : 洋画 SavageGarden DarrenHayes

平成っこ

2008/08/16 Sat
北京五輪、体操の新星・U村くんが気になってたまりません。コメさんが「T田選手はいじめたくなる顔」発言をしたのには驚きましたが、サド顔のU村くんが代わりにいじめ倒してくれてると信じてます。うーん、こんなに五輪を見て楽しくなったのは初めてだ! 最初に顔を見たときはまたマスコミに「○○王子」って呼ばれるようになるのかなって思ってたけど、どうもそういうタイプではないらしい。19歳にしてこの大物っぷりを見るに、これからが楽しみです。さすが平成っ子だな……。
競泳は見れば見るほどM・Pェルプスがジョナサン・トーゴに似ている。Googleでイメージ検索してるとハッとしますもんね(笑)すわ、初めて脱いだか!と思って。トーゴもこれくらいいい身体だったらなあ!

L'の新曲「SHINE」のPV見ました。すごく色彩がきれい! インド系の映像ディレクターさんが手がけたそうですね。またハイドさんが生首っぽかったから(AWAKEを引きずっている)ちょっとギョッとしたけど。もうそこまで必死になってアップを写そうとしなくてもいいと思うんだけどなあ。なんかあの白飛び具合、初期のSHAZNAみたいだった。(禁句)

タグ : ラルク

And The Deathly Hallows

2008/08/14 Thu
ハリポタの最終巻を読んで泣いているところを母に発見され、直ちに、すごい勢いで、バカにされました。つづみです。
ハリポタはもう翻訳本も出ちゃってるし今さらだったんですが、ひどいネタバレを見る前に読了できてよかった。以下最終巻「The Deathly Hallows(死の秘宝)」ネタバレ。


( Read more )

タグ :

Tougher than the rest

2008/08/11 Mon
公式MySpaceで期間限定ダウンロードできるようになってるダレンのカバーした"tougher than the rest"が非常にいいです。ブルース・スプリングスティーンの曲だそうですが、ピアノのアレンジがすごくきれい。"handsome Dan"のくだりを聴いてぴくりと反応したのは私だけじゃないと思っていいかしら(笑)。
カバーアルバムを出してほしいっていう話がまた海外フォーラムでも持ち上がってましたが、本当にそうだよなあ。本人はどっかでカバーはCDでは出さないって明言してたような気がするけど、ライブでしかやってないような他の曲もいい音質で聴きたいし、これだけのものをファンの間だけで流通させておくのは勿体ない。ライブDVDでもカバー曲の部分はカットされたとか聞いたし、商業的にいろいろ面倒な問題があるんでしょうけどね……。

タグ : DarrenHayes SavageGarden

超音波

2008/08/09 Sat
実家に帰ってきました。実家は実家でおごりで美味しいものが食べられるのでいいね!
オリンピックの開会式をだらだらと見たり、携帯を変えたり。新しい携帯は機種変更でauのW61CAです。四代目の子ですが、二代目と同じ白色なので、名前はちなんでキッド二号になりました。前の京○ラ製の携帯に比べて、早くも頭が良いところを発揮しています。レスポンスも早いし漢字変換もATOKが入ってるし、インターフェースも気が利いている。待ち受け画面からメニュー画面まで統一されたペンギンのアニメーションが使われてるので、これも見ていて飽きません。デザインは少々ごついですが、これは毎日見てれば見慣れますからね! 防水なので海に投げ込んでも安心です。

コメさんにMUSEのDVDを見せてもらいました。いつもながら超音波な感じでイイネ! ベースの人が地味だけど一番男前だと思いました。ベースを指で弾くのってすっごく色気がありますよねえ。
アンコールの二曲目がいい曲だなと思ったけど、曲名が分かりません。最近の壮大な世界観のある曲調もいいけど、こういう静かな曲はしみじみ上手いです。

タグ : 洋楽

I appreciate you!

2008/08/07 Thu
ハイドさんのオフ会という名のFC集会では、ハイドさんと出席者が握手する特典があったらしく、界隈では羨望の声が飛び交ってます(笑)。うーん、そうだよなあ、確かにL'メンバーとファンはたとえFCに入ってようと入ってなかろうと、あんまり距離は近くないですよね。売れる前は(相当前だな!)まだファンも少ないから一部とは多少交流もあったみたいですが。握手できるっていうことがここまで反響を呼ぶのは不思議な感じ。L'よりもまだハイドソロのFCの方が距離を縮めようと頑張ってる感じはしますけどね。
ダレンは今でもインストアライブをやったりサイン会をしたり、ファンと写真を撮るときには当然のようにハグしてくれるので(海外セレブとしてはお決まりですが)、こうも距離感が違うのは興味深い。ラルクの方が自分を高く売るのが上手いのかな?(笑) もちろん海外市場と日本・アジア中心の市場では事情も違うとは思いますが。
でもダレンはMySpaceを通じてファンとの交流を積極的に図ってくれるので、とってもsweet。私はfriends申請はしてませんが、自分撮りの写真も日記も頻繁に更新されるので(ここら辺は独自レーベルの強みかも)、なんだか嬉しくなります。間違ってもファンから「これマネージャーが書いてるんじゃない?」っていうような話は出てこないし(笑)。
今までは自分がどれだけそのバンドのファンでも、向こうの方からファンであることをここまで尊重されたことってそうそうない気がするんですよね……。ファンを神様だと思えって言う気はさらさらないけど、プラス行動で示されないと分からないこともあるし(曲やライブだけで還元するには限界がある)、こういう行いが最終的には本人にも返っていくんだろうな。"Believe in Karma"なんですね(笑)。

タグ : HYDE DarrenHayes

Re:Genesis 2

2008/08/06 Wed
一応全部録画してあると思ったHEROESが一話分抜けてたので、実家に帰ってから見直すことにして、今度はRe:Genesis2を見始めました。見るのを途中で挫折したシーズン1に比べるとストーリー展開が速くていいですね! まさか一時間で中国に行って帰ってくるとは(笑)。
コメさんに勧められたとおり、ボブが可愛いです。萌え系です。カンファレンスで発表する回の彼は輝いてたね! 案外どころではなく実は女性にモテるタイプなのに、自分のほうから下心がある女性に対しては恋も実らず(笑)残念だ……。あの路地裏で会った女の子と偶然再会するエピソードとか、ボブがタトゥーを入れるエピソードとか、そういうのはこの先出てくるのかしら? わくわく! ボブ+タトゥーなんてライアン(CSI)+タトゥーよりも更に楽しいネタだな。

それからウェスの私生活が気になってたまりません。この謎の多いパシリ君はプライベートをどうやって過ごしているのかしら?
ウェスこそ家に帰ると動物が待ってるクチの人間ですよ! ハムスターとか飼ってるといい。仕事での理不尽とかキャロラインに対しての恨みつらみとかを、ペットのハムスターに対して長々と愚痴るんです。NORBACでもマウスを使った実験は自分のハムスターを思い出させるから好きじゃないとかね、そういう可愛い話の一つや二つ……。

タグ : Re:Genesis

ハンガリーGP

2008/08/05 Tue
F1ハンガリーGP、ヘイキくんおめでとう! 初優勝かあ……。これからどんどん波に乗る予定なので、上位陣は覚悟しておいた方がいいですよ(笑)もうアロンソ様にも「サポート役」とか言わせないから。
いやあ、今回は番狂わせが多くて良かった。最近のF1を見ていて何が一番つまらないって、PPを獲った某がそのまま「完璧なドライビング」「セナの再来」とか言われつつゴールすることなんですが、まずスタートでマッサんが目を見張る活躍をしてくれました。久々に彼の意地を見た気がします。よくやったー! かっこいいぜマッサ!
キミちゃんはそのころアロンソ様と地味な抗争を繰り広げてみたり、何気なくネルシーはポジションアップかと思いつつすぐにやり返されてたりしてましたが、マッサんの活躍の前には話題性も及ばず。レース後キミちゃんに遅い遅い連発されてた以外は、ルノーは比較的見せ場のない展開でした。でもちゃんとWポイント獲得したし! こういう堅実な走りをどこのGPでもしてくれたら、アロンソ様の機嫌もブリちゃんの機嫌も等しく良くなるんですけどね。
クラッシュ後のレースはなぜかいい結果、っていうのは定説になりつつありますが、グロックも二位! いやあ、表彰台がいい男三人で占められたのって、いつぶりだろう……。シャンパンを開けると同時にフィンの二人がシンクロしてボトルを口に持ってったのが可愛かった(笑)。キミちゃんもそういや久々ですもんねぇ……。

プレカンでもキミちゃんが後輩に「僕がいいところに連れてってやるよ」と大人な口をきいておりましたが、キミちゃんのいう「いいところ」って実際はろくなところじゃなさそうな気がしますね! 反応に困りそうなところに鼻高々で連れて行かれてしまって言葉に詰まるヘイキくんが脳裏に描けるようです。

タグ : F1

B-SIDE

2008/08/03 Sun
今日はゼミの発表のミーティングがあるとかで、母の電話にたたき起こされながらのろのろ出かける準備をしてたんですが、日焼け止めを塗った直後に先輩から「そういえば分担決まってたよね! じゃあ来なくていいや」メールを貰い、あまりのグッドタイミングに倒れそうになりました。なにもお化粧の第一段階に差し掛かったところで予定を崩さなくても……!
でも無駄にするのも悔しかったので、優雅に午後から一人ランチをし、ブクオフに行き、ダブルスクールに行ってきました。大学の前を通ったらオープンキャンパスだったようで、高校生がうじゃうじゃ。いやー、なんか、若いっていいな……。自分が今の大学の文化祭に見学に来たときのことをはるか昔のことのように思い出しました。

最近近場のブクオフをしらみつぶしに巡ってサヴェージのCDを探してるんですが(もうお店じゃ売ってないのよね……)今日はAffamationのB-SIDESを見つけたので満足です。もう本当にこれでSGの曲は集め終わっちゃったかな……。リミックスと未発表のデモ音源を含めればもうちょっとありますけど、オリジナルでちゃんと音源化されてるものはこのCDに入ってるI Don't Careが日本版では一曲仲間外れになってたんですよね。
今日ようやくAffa日本版のライブ盤を解禁させましたけど、会場の盛り上がりを聴くだけで涙腺が緩みそうです。ダレンが「ブリスベン!」って煽ってるけど、これってS&CツアーDVD収録のものと同一公演なんですね。Chained To You(http://www.youtube.com/watch?v=_jVrvq-xqGk)の次にI Knew I Loved Youを入れてきたのは反則だと思うが。ドン引き気分のままこんなおセンチな歌を聴かされても困るよ……。

それから1000円のCDが半額になってたので、U2を買ってきました。少し前にCSI:Mのfandomで長編ficの作者さんが(私にSGへの道を開いてくれたのと同じ方ですが)そのficの完結にあわせて自分でサウンドトラックをお作りになられましてね(笑) 全曲mp3方式でアップロードしてくれてたので、それをCDに焼いてずっと聴いてるんですが……(こそっ) これがすごく良くて! The WhoとかBTとかDepeche Modeとかの詰め合わせなんですが、それで気に入ったアーティストをピックアップしていっているのです。音楽は人から薦められたものではまることが多いので、こういうのは嬉しい限り。

タグ : SavageGarden 洋楽

MYOB

2008/08/02 Sat
VAMPS(ハイドさんのソロプロジェクト)とか、曲を聴いてもないんですが早くもライブハウスツアーが始まっちゃったようです。早まってチケットとか取らないでよかった……(笑)。
今回グッズのデザインがもろにアナスイのパクリだとかでファンは大盛り上がりのようですが(笑)絵も描くし一応自分でデザインもするハイドさんだから、ブーイングは大きいですよねえ。私も正直残念ですけど! そこにまで手が回らないほど忙しいのか? いっそのことあの有名な「天使茶」を物販で売ってみたらどうだろう……。多少色を付けても、バンド名をプリントしただけのチープな化粧品よりもよっぽど売れると思いますよ(笑)。
ラルクの新曲もまだ聴いてないんですが、こっちはテレビに出るそうなのでその時まで待ちます。ライブは三年後だけどテレビでのパフォーマンスはするのね……なんだかより一層「ライブなし」の意義が良く分からないものになりましたが(予算調整?)。ライブをやって曲作りをして、っていう部分が一番ミュージシャンにとっては楽しい部分だと思ってたんだけど、ライブもできないのに雑誌だのテレビだののプロモーションだけをさせられるなんて、本人たちどう思ってんでしょうね(笑)もう、こんな生々しい話を考えさせないでほしいな!

今はSGとか他のバンドにはまっちゃってるから仕方ないけど、これでまた熱がぶり返す可能性はあるのだろうか。正直三年前に再燃する前はまさか自分がまたV系方面に突き進むなんてことは考えてなかったんですが、二度目があるなら三度目もありえるのかなあ。

タグ : ラルク HYDE

HEROES

2008/08/01 Fri
HEROESを見始めました。すごく上手いパイロット版だと思ったけど、二話目以降もまだ登場人物が集合しないので多少行ったり来たりな感じがしますが……。この先、人物間でのやりとりが始まるのが楽しみ。
吹き替えで見てるんですが、なんだかみんな揃いも揃ってアニメ声だね! 吹き替えのヒロくんはちょっとあざといくらいに可愛いです。
チアリーダーが好きです。それから、ここの兄弟も可愛いんだな。案外わがままし放題の弟とちょっと立場の弱いお兄ちゃん。正しく兄弟の王道です。私のお気に入りは例によって政治家のお兄ちゃんなんですが、あんなにガードが固そうに見えた彼がたった5話目でヌードを披露してくれるとは……いやあ、いい下腹部だった。CSIもこうあるべきなんじゃないかしら!
モヒンダー先生のまつげの長さにショックを受けたのもつかの間、出てくるレギュラー陣がみんな美形っていうのもすごいね! しかし一番多くの萌えポイントを提供してくれる二人がヒロくんとアンドウくんっていうあたり、一筋縄ではいかないものだな……。

そして民放版で最後に流してくれるマシオカさんのインタビューも見逃せない。誰がマシオカさんの特技をボイス・パーカッションだと予想しただろうか? とても上手かったです(笑)。

タグ : HEROES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。