スポンサーサイト

--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Finding Rolling Stone

2009/06/18 Thu
Rolling Stoneの1081号(なんとなく号数まで運命的)をこの一週間ずっと探しています。池袋のタワレコは今週火曜日になっても入荷せずHMVもダメ、それでもまあ何とかなるだろうと思っていたのですが、ごめんなさい私が甘かった(笑)。

今までの探索にもついてきてくれていた親切な親切な友人が「新宿に行くからタワレコとHMVと紀伊国屋覗いてきてあげるよ」と申し出てくれたので、タイトルと号数と表紙(黒い服の胸をはだけ、胸に緑色のは虫類を伝わせた男性がカメラに向かって無駄にエロい表情を浮かべている)を告げ、お願いしたところ、
「新宿中の書店を全部回ったけど、入荷日未定か売り切れ、サザンテラス口の一店だけが予約受付中」
という非常にショッキングな結果を聞かされました(笑)。う、うそー。

しかもあるお店では店員のお姉さんに「あの人が表紙のやつですよね~、問い合わせがとっても多いんですよv」といかにも全部分かってますから的なにこやか笑顔で言われたらしく……(笑)あああ、この羞恥プレイ、自分の目で確認したかった(笑)! 前日にお願いしたときはメールで「恥とかないから大丈夫」と言っていたものの、さすがにここまでの仕打ちは予想していなかっただろうな。
でも私はひどい人間なので、「じゃあ戻って予約してきて」と更に追い討ちをかけさせていただきました。やっぱり持つべきものは友達だね! 姉に頼まれてキミ本を買いに行ったときのことを思い出しました。でもあの時は「入荷がなかったから見つからなかった」のであって今回みたいに「入荷して即日売り切れ」なわけじゃないから、瞬発力で言ったらやっぱりアダム>キミちゃんなんだな(笑)。

しっかし、Glambertはすごいなあ……(笑)日本でもそう盛り上がってるとは知らなかった。でも最近このブログでも「Kradam」で検索してくる人が増えたんですよね。今までここまで旬な出来立てfandomにハマったことがなかったので、ちょっと圧倒されています(笑)。
スポンサーサイト


タグ : AdamLambert

入梅

2009/06/10 Wed
思い立ったら迅速に。大学の帰り、池袋のリブロとタワレコまで行ってRolling Stoneを探してきたんですけど、まだ入荷されてませんでした……。タワレコで聞いてみたら来週のあたまには入荷するそうです。
しかしいつ入荷するか何気なく聞いてみただけなのに、店員さんが在庫を見るために店内を走り回ってくれたらしく、悪いことをしました……。考えてみればアメリカでつい昨日(つまり日本時間で昨日の夜)発売された雑誌がそうそう早く海を渡ってくるはずはないんだよ。
時間掛かってるなあと思っていたら、後になって一緒に付いてきてくれた友人から「店員が総出で『ローリングストーン、ローリングストーン』って呟きながら店中探してたよ」って言われて、そりゃ申し訳ないことをしたなと……表紙を見て絶句する、とかいうアクシデントがなかっただけいいかな。いや、でもありがとう! 池袋のタワレコは親切です。店員さんも可愛かったし。
ついでにPlaceboの新譜も買ってきました。まだこの前買ったHoobastankも聴いてないんですが(笑)買っとくだけ買ってろくに聴いてないものが多すぎる。買ったまま積んでおいていいのは本だけだと思ってたよ。

今週末(来週あたま?)の試験会場は中央大学の後楽園キャンパスでした。母に電話したら、「この前殺人事件があったとこ?」……確かに。

タグ : AdamLambert

Kradam: They Put Me with the Cute Guy

2009/06/10 Wed
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

Where You Want To Be

2009/06/05 Fri
えーと、結局ダニエルは家族でLAに引っ越したんですね……。いや、何も知らなかったけど、偶然Twitterでダニエルの奥さんのアカウント見つけて。発見した直後、いきなりランダムで流しっぱなしにしてたiTunesからWhere You Want To Beが流れ始めて何の因果かと思いました。
新しい住所がSausalitoだったらもっと楽しかったのにな。リアルThe Lover After MeでリアルCalifornia(笑)。


SG関連といえば、最近あったのがダレンの'Twitter Tantrum'事件ですね(2009.6.3)。あるファンが「何回もこんなこと訊かれてるとは思うけど、最近SGがまた再結成するって噂を聞いた。本当?」ってなことをダレンにTwitter経由で聞いたら、この返事が、

"Never. NEVER. N.E.V.E.R. Errr, Never. Hope that answers your question about an SG reunion. Never. Neverrrrr!"
"I don't know who started the rumor, but Savage Garden are not reforming. Never. NEVER. N.E.v"
"N.E.V.E.R !!!!!"
"NEVERRRRGHGHGHGHGHGHGHGGGGHGHHHHGHGHGHGH!! PLEASE STOP ASKING me... ;) xxx"


だったんですよ(笑)ちょっとファンも退くくらいの過剰反応……。
もう今までダレンは何度もSGの再結成に対して"Never."とはっきり言ってきてはいるものの、今になってここまで激しく否定されるとは思わなかった。Seriously, get over it, Darren! ほんと、何回もSGについて訊かれてうんざりしてるのは分かるけど、解散から何年も経ってるのにこんなことでいちいち騒ぐのはね……。正直に言わせてもらえば、大人気ない(笑)。
最近どんどん(精神の)老化が進んでいる、発言が説教くさくなったと一部で囁かれていますが、いつまで経ってもSGネタってのはダレンにとってデリケートな話題なんだな……。今回はちょうど新しいアルバムの曲作りを始めた時期にこんなこと言われたからかもしれないけど。ダレンはもうSGに戻ること、戻ると思われることを恐れているような節がある。それも分からないでもないんですが、もうちょっとやさしく言ってほしかったな……心のどこかで再結成を待ち望んでいるしぶといファンの期待を見事に打ち砕いてくれる素晴らしい反応でございますこと。
けだし、SGの再結成において意見を言う権利があるのは、ダレンだけではないと思うのです。彼の意見は変わってなくても、寡黙な元パートナーの見解は変わっているかもしれない。解散後沈黙を貫いてきただけに、ダニエルの側は今も余計な感情に惑わされず現実が見えてるかもしれないんだし。
実際のところ、ここがちゃんと意思疎通できてるなら、ファンは何も言わないのよ! この二人が会話をする状態にないのが問題なのであって、二人の意見がきっちりno moreで合意に達してるならファンは無理に再結成を望まない。そうじゃないかしら?
でもその後、あるファンが勇気を出してジョークで"so are you saying that savage garden MAY or MAYNOT reform?"(「じゃあSGは(将来)再結成するかもしれないし、しないかもしれないってこと?」)って訊いたらお答えは"mwhahaha!"でした。こ、こんな答えにいちいち一喜一憂させられなきゃいけない自分が嫌だ……でも一筋でも光明を見出さないとやってられないのよ……。

タグ : SavageGarden DarrenHayes
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。