スポンサーサイト

--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

it's all about the response

2009/07/19 Sun
土曜日は大学のお友達二人と新宿でランチでした。以前他の友人に勧められて一緒に行ったお店だったのですが、非常にコスパのいいランチ(笑)ルミネ1のテスタ・コーダというお店です。
お昼から会って、夕方に解散かと思ったらそのまま喫茶店で数時間居座り、店を変えて軽いお夜食、最後に別れたのは21時でした……。なんだかいっつもこのパターンだなあ(笑)。今回は「常識人から客観的な話を聞く」っていうのが私の中でのテーマだったのですが、思ってたほどひどい状況ではなさそうで安堵。本当ここのところ、「危ないんじゃない?」という言葉を聞くたびに不安が募っていて自分でもどう対応すればいいのか分からなくなりかけてたので、誰かからとりあえずは大丈夫のお墨付きをもらえてほっとした。私は常にそれほど悩まないのを信条としているのに、この思考パターンを崩すとはなかなかやりよるのですよね、相手も……。
自分ではそれほどの重要度を持つとは思っていなかった情報が実は思考の決め手だったり、自分では気付いていなかったことを指摘されたり、やっぱりいつもと違う子から話を聞くのは勉強になります。結局は当面の努力目標にしか行き当たらないんですが、にしてもこれが肝なことに変わりはないのでして。初めはまさかこんなことになるとは思ってなかったけど、一旦始まってしまったからには全力で自分の身を守らないとだめだなと痛感したのでした。時間が解決してくれればいいのだけどもねえ……。

ついにバトンさんもTwitterをやり始めたのかなあ(これ)。ネルシーから始まったブームが飛び火したと考えるとちょっと嬉しいですね(笑)いや、もう毎GPごとに次は出走できるかどうか崖っぷちなので……多少はF1界に足跡を残していってもらわないと悲しいじゃない……。
まさかF1ハリーポッターがネルシーより先に干されるとは思ってなかったけど、なんかこっちも唐突でしたね。新しく入る予定のハイメ・アルグエルスアリくんはなんだかピート・ウェンツとザッカリー・クィントを3:1で掛け合わせたようなお顔ですが。これだけでキャラが濃そうな期待ができちゃうのは素晴らしいよね! なんだかガンダムの登場人物みたいな名前だし、トロロッソは眼の付け所がいいよ。
スポンサーサイト


タグ : F1

ミーティング

2009/07/08 Wed
コンパから帰ってきました。疲弊した!

ふじょし談義は思いのほかスムーズに行きました。いざ話を訊かれると、自分でも普段思い返さないようなことが思い出されて自分でもやや退いた(笑)。私のふじょし歴ってもうそんなになるんだー……。
もちろんこういう世界を知ってからずーっとはまり続けていたわけではないですが(たぶん最初の数年は非常にライトなものだった)、それにしたって長いよなあ……自分の年齢との比で言ったら本当に悲しいことに(笑)そのくせジャンルは1年2年でころっと変えてるので、今までを合計したら相当な数のジャンルを通ってきてることになります。自分でも怖いわ!
最近は特に半ナマからナマモノをうろうろしてますが、最初はオリジナルの商業小説から読み始めて、それから少年漫画のやおい、児童文学・ミステリでやおい、っていう順番ですかね。この間にもちらちらナマモノやら半ナマの片鱗はありましたが。とくにここ数年はスラッシュという厄介なものにハマったので、いろいろ尽きるところを知りません……。
しかし、自分のふじょし文化に対する考えっていうものがどれだけ一般的なものなのか分からないので、心情的な部分はちょっと話すのも躊躇いますよねー。私はこう思ってるかもしれないけど、他の大多数の人はまったく違う意見を持ってるかもしれないわけじゃないですか(笑)とりあえず私はサンプルという扱いだけど、限られた人数の中の一人ということには違いがないわけで、もし大多数のふじょしの意に反するようなことを言ってしまったら怖い。責任重大とまでは言わないまでも、気分的によろしくないなと思うわけです。ふじょし一人ひとり、それぞれ違う好みや指向を持ってるわけで、ステレオタイプ化することは難しいのが現実ですが、こういう話では包括的な話題に終始せざるを得ないのも事実でして。
特にここ最近、ふじょしという存在が急速に公のものになってきて、名前だけが一人歩きすることも少なくない。漫画やゲームを好きな女の子のオタクが全部イコールでふじょしだと思われている向きも少なからず存在するのです。こういう不安定なものに対してその渦の中にいる自分たち自身が間違った・多少なりともずれた解釈を一般人向けに広めてしまうと、あっという間に自分に跳ね返ってきますからね……。以前の初音ミクon TV騒動のときのように曲解して面白おかしく編集されるってことは今回ほとんどないとは思うのですが(性質上ね)心の中で慎重にはなっておきたいですね(笑)。

タッチタイピング

2009/07/07 Tue
お友達と長電話しました。楽しかった!
いやあ、でもやっぱり私たち幸せだよ(笑)やっぱり自分をコンプリートしてくれる人が一番だね。

今日「タッチタイピングができない」と言ったら「ふじょしなのに?! 信じられない!」と言われたので、頑張って今キーボードを見ないように打ってるんですが、いつもの数倍の時間が掛かってます。でもこれ、慣れないとできるようにはならないのよね……。左手は頑張ってホームポジションに居座ろうとするのですが、どうも右手がいけない。気付くと二本くらいしか使わないで打ってる(笑)。
TOEFLでも時間制限つきのエッセイがあって、これもキーボードで打つものなのですが、タイピング速度が遅いと非常に損をするものなんですね。本当ならアウトラインに5分割けるところを3分でしなきゃいけないとか(笑)。今期取ってるアカデミック・ライティングの先生にも、「このご時勢、タッチタイピングができない人間を見ると『何やってんの?』と思う」とか言われちゃったし。今まで試みては見るものの挫折ばかりでしたが、練習しないとなあ……ブログをたくさん書いて練習します(笑)。
大学のパソコン室でみんながすごい勢いでカタカタやってるのを聞くと、羨ましいなあと思うのよね(笑)。

明日は紹介を受けたニュースサイト記者の方と、ふじょし談義をすることになってます、なぜか(笑)いやー、ちょっとナーバス。「友人からの紹介」っていう一言が入ると、何でも重みを増すものなんですよね……。昔友人がこれまたとある友人を自分の職場にわざわざ推薦して採用してもらったんですが、結局推薦された子の方が仕事をサボるわしまいには数ヶ月で辞めちゃうだわで、紹介元が相当怒ってたことを思い出して(笑)自分がポシャると、紹介してくれた人にも迷惑が掛かっちゃうから緊張するんですよね。

Star Trek XI

2009/07/02 Thu
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。