FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学園祭

2009/09/20 Sun
今日は連れに誘われて都内のとある高校の学園祭に行ってまいりました。なんでも都内で一二を争う集客率の学園祭だそうで、最寄り駅からプラカードを持った実行委員が道案内をしてくれるという大仰さ。だって池袋駅にもポスターが貼ってあるんだもんなあ……あくまでその高校と保護者、OG・OBだけが盛り上がる我が母校の文化祭とは格が違うのです。
高校生と将来の受験生を連れた親御さんたちががわらわら群がっている門を入ると、すぐ前庭、すぐ校舎。確かに敷地は小さいしグラウンドなんてうちの高校の半分程度しかないんですが、校舎が8階建てとかね! 信じられないよ、教室まで着く前に息が上がるよ。最上階からは新宿駅前のビル群が見えて非常にいい眺めでした。こりゃ窓際の席は争奪戦だろうな。
連れの恩師にご挨拶したあと、上から下まで見て回ったんですが、出し物がどれもこれもレベル高いんですよねえ。戦闘機やガンダムのプラモデルが堂々と鎮座している模型部だとか、教室いっぱいに電車模型が走ってるテツオタのためのテツオタによる鉄道部(だったの?)だとか、やけに上手い吹奏楽部とか。男子校らしい趣味に走ったものであることは間違いないんだが、やけに神々しい(笑)。生物部なんてウーパールーパーとか、大きなカメとかいるの! クマムシを映した顕微鏡なんて、やけにいつもと見え方が違うな、なんだかぶれてるな、と思ったら光学顕微鏡だし。私光学顕微鏡なんて始めて覗いたわ……。さすがリッチな私立高校。後夜祭では華火(花火のことをこう呼ぶらしい。こじゃれている)まで上がるらしいんですが、これは見ずに退散させていただきました。
廊下では他校の女子高生と他校の男子校生が携帯片手にメルアドを交換。まるでナンパの聖地だよ……。女の子はみんな揃ってかわいいし! なぜ? この高校の生徒がナンパしているわけではないというところも不思議です。他校生に出会いの場所を提供してるだけなのか(笑)実際はみんなどの女の子もこの高校所属の将来有望な生徒を捕まえたくて来てるんだろうなと思うんですが、実際は声掛けてくるのは他校の男子ばっかりで、この高校の生徒はシャイすぎてナンパなんてとてもとても、ということらしい。かわいいな(笑)。

しかし思ったのが、連れの高校に対する思いと私の母校に持つ思いはまったくかけ離れてるなと。私は高校時代もそんなに担任の先生と仲がいいわけではなかったし、そもそも今になって会いたいと思うほどの感慨もないので、わざわざおしゃべりしに行こうとは思わない。実際一年くらい前に友人に連れられて高校を訪れましたが、先生たちは私の顔を覚えてるかすら危うそうだった(笑)。だからもちろん母校に対する愛校心なんていうものはほとんど持ってないんですよね。自分が卒業した後も文化祭に行こうなんて考えは及びもしない。確かに高校でできた友人とはまだ連絡を取り続けたいし、あの記念館で過ごした午後のことは忘れませんけど(笑)高校生活自体に対する思い入れってないんですよね。
今日聞いたのが、「自分は外部からこの高校自体に対して高い評価を与えるわけではないけど、自分がこの高校で過ごした日々には誇りがある」っていう趣旨の言葉で。もちろんこの高校は私から言えば外部的に見ても高い評価を与えられて然るべきだし、学校名だけで相手を黙らせることは可能だと思うんですけど、卒業生はそうは思ってない。むしろ学校名はどうあれ、この高校生活が自分に与えた影響の方に価値があるんだと言えるのはいいな、羨ましいなと思いました。校舎の中を案内しながら「あそこが一年のときの教室、ここは元はどういう教室だったけど今はこうなった、ここではこういう授業をした」って言えちゃうのが充実ぶりを物語ってますよね。私は今母校に行ったとしても、たぶん教室の半分も覚えてない。しかも私はまだ高校卒業から三年半しか経ってないのに!
「子どもができたらこの高校に入れたい」っていう言葉も衝撃だったなあ。私は今の大学に対してもそんなこと思わない(笑)自分がここで過ごした日々、ここで作った仲間や恩師が素晴らしかったからこそ言える言葉であって、学校名だけ、ただ友人の存在だけじゃこんなことは思えない。私は今の高校の友人とは、おそらく人生のうちのどこで会ったとしても変わらず友人になれたと思いますが、彼らにとっては「この高校での出会い」というのが一つのキーなのかもしれないなあ。
スポンサーサイト

牛タン

2009/09/06 Sun
一ヶ月ブログを放っておいたら広告が出ちゃったので(こんなこと初めてだ……)何か書きます(笑)本当は他のブログの方も(私個人のものじゃありません、大学で当番制のやつ)書かなきゃいけないんですが、そっちは書くのにだいぶ疲れそうなので(笑)明日書いて日付操作でもしておこうかなと……ゴメンヨ。

で、今日は入試でした。ここに記念受験をしに来るのは4年ぶりだわ……。前は日吉のキャンパスだったんですけどね。今回は三田。
地下鉄三田駅に着いたところで目の前に大学正門前行きのバスが止まってたので、思わず乗り込んじゃったんですが(三分一区間・笑)帰りに教えられて見てみたら、東京タワーがすぐそこ。歩いて行ける距離に東京タワーがあるなんてすごいなあ。大学帰りにいつでも寄れるしな。
どうもこの大学に来ると自分のとこと比較をしてしまうのですが、やっぱり雰囲気が違うなあ。試験監督の雰囲気も違うし、キャンパスの雰囲気も違うし、大学周辺の雰囲気も全然違う。大学構内の建物から言えば、うちは古い建物は順当に汚くボロさが滲み出ているのに対し、こっちはたとえ年季が入ってようときれいに大事に使われてきているような印象があるんですよね(笑)ああ校風ってこういうことね。

試験が終わった後は待ち合わせをして池袋で牛タン食べてきました。宮城ふるさとプラザの一階。美味しかったよ。食べ応えのある牛タンもさることながら、付け合せのお漬物が良かった。味噌南蛮ってやつですね。
宮城ってどうもずんだもちとか、笹かまぼことか、真っ白く煮られてしまったいくらが入ってるお雑煮とかっていうイメージが強すぎるんだけど(笑)うちも親戚が仙台に住んでるんですが、ラスト十数年前に訪問したときにも牛タンを食べた記憶がまったくないんだよな……。今Wikipediaで見たら、「最大の転機は、1991年に始まった牛肉輸入自由化である。以前は老舗業者くらいしか無かったが、牛肉輸入自由化に伴い安価に材料が入手できるようになり、ここ10数年の間に新規参入した業者が増えた」とあるので、たぶんこれ以前の残念な時期に私の仙台体験は存在するんでしょう。ああ、でももう今さら仙台に行くアテはないだろうな……。時期を逸した!

とまれ、牛タンの後はサーティワンをはしご。それからドトール(笑)。
「いや、無理して食べてるわけじゃないんだよね」とさらっと言ったら、連れに「デブの言い訳にそんなことを言われたのは初めてだ」と大層受けられました。いやー、でもそうじゃない? これからどんどん寒くなるから、今のうちから蓄えはじめないとね。定食食べた後にアイスをダブルで注文してるような人間に何を言っても無駄だぜ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。