スポンサーサイト

--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SG/DH まとめ 1

2008/07/15 Tue
日本語のサイトは少ないし海外サイトの情報も散らばっちゃってたり探すのが大変だったりするので、とりあえず気になった情報だけをクリッピングしておきます。訳は適当なので、原文を見ることをおすすめします……。


http://blog.myspace.com/index.cfm?fuseaction=blog.view&friendID=72162622&blogID=375473141

2008年4月に行われたSong Summit Sydneyにて。出席者のNelson Clementeさんが久々にこういった場に顔を出したダニエルについてちょっとだけ書いてくれてます。
「ダニエル・ジョーンズとチャールズ・フィッシャー(アルバム"Savage Garden"のプロデューサー)が出たセミナーで、ダニエルはダレンのことをすごく大事そうに話してたよ。なんで最近は曲を書かないのかって訊かれたとき、ダニエルは『ダレンほど一緒に仕事をしやすい相手が見つからない』って答えてたね。残念だけど、そう聞けたのは何だか良かった」
こっちにそのセミナー全内容のビデオもあります。た、確かに……"fondly"って言葉がよく似合いますね……。

http://sgbbsers.yuku.com/topic/398/t/Attitude-mag-article-great-one.html?page=1

http://www.youtube.com/watch?v=7uAbgfTb8zk

雑誌"Attitude"に掲載されたダレンの記事と、そこで触れられているテレビインタビュー(編集後)。
The Tension and The Sparkのプロモーション中に出たPop Worldというテレビ番組での出来事。
「あのCD(TTATS)はセラピーを受けていたときの自分の日記のようなものなんだ。僕は二年間セラピーに通い、抗うつ剤を処方されていた。僕たちは番組のセットに座ってて、インタビューの中盤に彼は言った。『それで、いつカムアウトするんですか?』」
「『もしもし?』って聞き返したよ。でも相手は『あなたはどう見てもゲイですよね、どうしてカムアウトしないんですか?』って聞いてきた。僕の反応は強烈だった。否定する代わりに『僕のセックスライフについて話したいのか?』って言ってやったら、彼は目をパチパチさせた。それで『ああ、fxxkするのは好きだね、確かに。どっちかっていうとタチだから、あんたが仰向けに寝てくれたら僕がどうやってfxxkするのか教えてやるよ』って言ったんだ」
「まるで世界が止まったような気がした。驚いたディレクターとプロデューサーが駆けつけてきて、誰かが僕の顔を覗きこんで『大丈夫か?』とかそんなようなことを聞いたんだったと思う。でも全部ぼんやりとしか覚えてない」

タグ : SavageGarden DarrenHayes
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。