スポンサーサイト

--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウェッジウッド展

2008/08/24 Sun
岐阜の現代陶芸美術館で『ウェッジウッド ~ヨーロッパ陶磁器デザインの歴史』を見てきました。母が食器好きなので家にはショップやオークションで買った数々のノリタケやら大倉陶園やらが山と積まれておりまして……(しかも誇張ではなく山になっている)。そんな環境にいるのでウェッジウッドはどうもメジャーすぎるイメージでちょっと敬遠してしまうのですが、展示ではこの西洋陶磁器の歴史をざっと見できました。そんなに展示の量もないので、私的にはノリタケの森の展示室の方がボリュームがあって好きかなと思うくらいでしたが(笑)。現行のコレクションにほとんど触れてないからでしょうけど、このデザインだって相当昔から変わってないものなんだから、展示に加えたほうが自然じゃないかなあとも。

帰りには土岐のアウトレットに寄ってきましたが、朝から「大雨が降るかも」と散々天気予報に脅されていたにもかかわらずすごい車の大行列。実際はちっとも雨なんか降ってなかったんですが(笑)こんなに混んだアウトレット久しぶりに見た。
ブルックス・ブラザーズでお買い物をしてる途中、ふとタグを読んでみたら、今までブタとリボンだと思っていたトレードマークが実は羊とリボンだったことに気付いて大変ショックを受けました。あ、あれが羊ですって? どう見ても太りすぎだよ!
しかしここの洋服、すごく可愛くて大好き。高いけど。こういうお上品で流行に左右されないスタイルがいいですねえ……。ダレンもここ数年こういうトラッド系統の服をよく着てますよね。ブランドが大事じゃなくてホントは古着も好き、ブランドでならポールスミスが好きだって言ってるのを雑誌記事で読みましたけど……ポールスミスを選んだ理由が「ノッティンガム(夫・リチャードの故郷)出身のデザイナーだから」ですもんねぇ(笑)あーあ! ラブラブっていうか、端的に言ってこの二人、バカップルですよね(笑)いや、でも大好きだけど!
この間のサンフランシスコ滞在からロンドンに帰るときは、為替レートと英ポンドの恩恵を存分に享受することにしてUrban Outfittersでショッピングするとブログに書いてました。この人に一人でショッピングさせたら、恐ろしいほど時間がかかりそうだな……(笑)。

タグ : 美術館 DarrenHayes
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。