FC2ブログ

フィラデルフィア美術館展

2007/12/20 Thu
今日は東京都美術館で開催中のフィラデルフィア美術館展に足を運んで参りました。いやあ、楽しかった! 特定の画家に絞るのも時代に絞るのも、それはそれで見応えがありますが、美術館しばりは全部美味しいとこ取りができていいですね。前行ったフェルメール展に比べて断然明るいし、分かりやすい作品が多かったように思います。
今回チラシやポスターにもよく使われてた、ジョージア・オキーフの 「ピンクの地の上の2本のカラ・リリー」が見る前から妙に気になってたんですが、実物もキレイでした。どうも性的な感じがしますが(笑)作者は完全否定だそうですね。私も別にそこが気になってたわけじゃないんですが……そうじゃないと思っていますが……。
ああ、でも実際どこか海外の有名な美術館に行ってみたいなぁ。これだけ外国かぶれのくせして今まで一回も外国の土を踏んだことがないのですが(でもこの冬にはパスポートを取るらしい)社会人になったらとりあえず海外旅行がしたい。アジアくらいならそれほど意気込まないでも行ける距離ですが、ヨーロッパやアメリカとなるとね。大学生の中には在学中に海外旅行をしたり卒業記念とかこつけて海外に行く人も多いのですが、私にはとりあえずその話はなさそうだしな……(笑)。

それから天気も良かったので不忍池の方まで足を伸ばして噂のカモを見てきました。泳いでるカモの中には相当体格がいいのもちらほら……。一応写真も撮りましたが、ここに貼り付けておくと見るたびに顔を顰めそうなので別所でアップしました。
今日は餌をあげてる人は見ませんでしたが、そこら中にうようよ土鳩がいて気味悪かった。大抵横を通り過ぎても傍若無人に首振って歩いてるんですが、すぐ側30センチの距離まで来て急に飛び立たれると本当にギョッとする。そういうときに限って隣のお仲間も一緒に飛んでいこうとするもんだから、自分の頭上を数羽のハトがばさばさ舞うはめに……。思わず首を竦めてしまう。ヒッチコックの『鳥』を見たせいでもありませんが(ましてやSPFの『烏』を見たせいでもない)うちの母の鳥嫌いがうつったのか最近とみに鳥=天敵の公式ができあがりつつあります。特にハトはダメだ……。

タグ : 美術館
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示