スポンサーサイト

--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IT'S DONE.

2008/05/25 Sun
CSI: Miami、S6シーズンフィナーレのネタバレです。

正直見た直後は半泣きでしたけどね……。でも今になってカルーソ氏がいろんなところでネタばらしをしてくれてるので、とりあえずホッとしました(もはやクリフハンガーでもなんでもない)。
そ、それでもライアンの容疑が完全に晴れたっていう記事はまだ見てないんですけど……。CBSとトーゴの契約が更新されたとも聞いてないし(むしろ今は親友ジャスティン・ロングとの新しいプロジェクトがどうとかいう話まで噂されている)。
たとえばあれがHのお芝居だったとしても、ライアンが事実H側じゃなくて暗殺者側の計画に乗ってるっていう可能性は捨てきれないわけで、ライアンがボスは死んだと思ってほっとしてるところにいきなりHとライアン除くチーム全員が現れて「やあ、ミスターウルフ」とか言い出したらもう目も当てられない! 怖すぎる……。ま、私はライアンが刑務所に入っても、画面に出てる限りは好きでい続けるので実際のところそれ自体は大した問題ではないんですが(そしたらPBとのクロスオーバーもできるしね!)最近のマイアミジャスティスの暴走っぷりを見ていると、彼らは私的制裁も辞さない構えのようなので(笑)それが一番心配ですv 私はライアンが出てこなくなったら直ちにマイアミを見るのを辞めますからね(笑)スピードル亡き後、fangirlsを番組に繋ぎとめてるのはライアン/トーゴだってことを忘れないでほしいよ。エリックとホレイショだけで一体何をどうしろというんだい? 冗談もほどほどにしてほしいね! ははは。
(実際はもう完璧に安心して9月にS7が始まるのを待ってますが、海外フォーラムでアンチウルフの人たちがものすごくあくどいプロットを検討してるのを見ると気持ちが荒んでくるんだよ……ライアンが銃をマトモに撃てないことくらい承知の上でしょ?! 一発で致命傷を与えるなんて夢のまた夢よ。(フリーズするか外しまくるか/射撃場で働いてたのってジョーク以外の何物でもない)
こんなにいろいろ言われるくらいなら、もういっそのことスピードルを生き返らせてライアンと師弟関係/親友関係でも持たせればいいと思うんだ……。スピとライアンが大の仲良しだったら多少はファンも考えを改めてくれるはずですが)

でも楽観的にライアンがHの片棒を担いだと解すると、来シーズンはいよいよ期待が持てそうです。巷で話題のhero!Ryanがついに見られるかなあ。S5、S6になって、ライアンもまた子どもにウィークポイントがあるような描写が増えてきてるので、今度こそライアンの家族関係含む過去話が明らかになるんじゃないかと。

しかし今シーズンは、CSIシリーズどれもクリフハンガーを仕掛けているようです。私的にはベガスが一番気になる。役者の契約更新やら降板やらの公式発表を重ね合わせても今後のプロットが全然読めない。


タグ : CSI:マイアミ
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。